クローン病と麺類【CDと食事のQ&A】

食事2019/5/31

Twitterでつぶやくいいね!
そば

※クローン病と食事(食材)の関連性は現在もなお不明な点が多く、患者さん個々人の状況によって食べられるもの・食べられないものが大きく異なります。医師や栄養士など専門家によく相談して、摂取の可否を判断しましょう。

うどんやそば、ラーメン、焼きそば、パスタ、インスタント麺にカップ麺など、種類も豊富で、大人も子どもも大好きな麺類。消化もよく、ご飯と同様に「安心な食べ物」として、積極的に食べている人もいるのではないでしょうか。しかし、注意しなければならないポイントも。一体どんなことに気を付ければよいのでしょうか?

監修者プロフィール

栄養士のプロフィール

管理栄養士・スポーツ栄養専門士(公認スポーツ栄養士取得予定)

優生(ゆうき)

自身もIBD患者である病院栄養士。予防医療の普及や女性や子供の健康のために活動する、Luvtelli東京&New York公認カウンセラーとしても活動。得意分野はスポーツ栄養と予防栄養。

1. クローン病の人が安心して食べられる麺類は?

麺類の中で、クローン病の人が比較的安心して食べられるのは、消化の良いうどんやそうめんです。ビーフンも米が原料なので、安心な食材と考えてよいでしょう。そばも食べられますが、うどんのほうが、よりおなかに優しいといわれています。むしろ問題なのは、これらを「どのように食べるか」ということです。

2.麺類を食べるときに、脂質を摂り過ぎないようにするコツはある?

特に気をつけなければいけないのが、脂質の摂取量です。クローン病の場合、炎症の悪化を防いで寛解を維持するために、脂質の摂取量を1日30g以下にすることが基本とされています。1日30g以下というのは、日本人の脂質の平均摂取量の半分以下ですから、かなり摂取量を意識しなければなりません。

例えば、安心して食べられるうどんでも、天ぷらなどの揚げ物を一緒に食べたり、焼きうどんのように油で炒めたりすれば、たちまち脂質の量が増えてしまいます。そうめんも、普通に茹でて食べる分には問題ありませんが、油で炒めるチャンプルー(沖縄料理)にすると、一気に脂質量が増えてしまいます。「体調がよくて、今日は天ぷらうどんを食べたい」というときは、天ぷらの衣を半分残したり、はずしたりするなど、食べ方を工夫して、脂質を減らすように心がけると、無理なく脂質の摂り過ぎを抑えられるのではないでしょうか。

3.ラーメンや焼きそばは食べても大丈夫?

多くのラーメンのスープは、鶏ガラや豚骨などをベースにしているので、普通に食べると、どうしても脂質の摂取量が多くなってしまいます。またタンメンなどは、野菜がたっぷりでヘルシーに見えますが、野菜を炒めるときに油もたっぷり使っている可能性があります。さらに、カップ麺やインスタントラーメンは、脂質だけでなくいろいろな食品添加物も含まれているので、その点も注意が必要です。

また、ラーメンには麺のコシや風味を出すために「かんすい」という食品添加物が含まれています。このかんすいが下痢の原因になっているという説もありますので、ラーメンはできれば避けたほうが安心です。「ラーメンを食べても、特に体調が悪くならない」「下痢をすることはない」という人は、ラーメンを食べた次の食事や翌日の脂質の量をいつもより控えるなどして、調節するとよいでしょう。

ほかにも気を付けたいのが、焼きそばです。麺と具材を油で炒める焼きそば、麺を揚げる揚げ焼きそばは、脂質が多くなりがち。また、担々麺やタイ風ラーメンなど、スパイスをたっぷり使っているものは、腸に刺激を与える可能性があるので、気をつけましょう。

4.パスタは食べても大丈夫?

パスタ(スパゲッティ)そのものは、「安全」とも「注意が必要」とも言えない食材です。一般的には、アルデンテといって少し硬めに茹でるのがおいしいとされていますが、クローン病の人が食べる場合は、少し柔らかめに茹でてよく噛んで食べると、腸への負担が減らせます。

脂質の摂り過ぎを防ぐという意味では、パスタソースや具材にも気を付けましょう。基本的には、バターや生クリームを使ったクリーム系やひき肉の入ったミートソースなどより、油の量が控えめでさっぱりとした和風系のメニューを選ぶとよいでしょう。クリームソースやミートソースを使ったパスタを食べるときは、ソースの量を控えめにするよう心がけましょう。イカや貝などのシーフードは消化しにくいものもあるので、体調と相談しながら、場合によっては避けるようにしましょう。

(ライター:植田晴美)

参考文献
  • 松本誉之、斎藤恵子ほか:潰瘍性大腸炎・クローン病の人の食事, 女子栄養大学出版部, 2003
  • 田中可奈子、酒井英樹ほか:クローン病・潰瘍性大腸炎の安心ごはん, 女子栄養大学出版部, 2014
Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
レシピ特集
レシピ特集をみる