たった4つの質問に答えるだけ!「IBDの重症度チェックテスト」

潰瘍性大腸炎2021/1/26

Twitterでつぶやくいいね!

自身の体調変化に気付くためには定期的なチェックを「続ける」ことが大切

ご自身の体調について、もっと気軽にチェックできたら…と思ったことはありませんか?

体調を最も客観的に正しく教えてくれるのが主治医の先生だと思いますが、IBD白書2020の「病院で言われている今の状態を教えてください」という質問で、「言われていない」(医師から説明されていない)と回答した人は全体(n=416)の13%でした。つまり、1割以上の方は、ご自身の状態が「寛解」あるいは「軽症~重症」のどれにあたるのか知らない、ということになります。

また、ご自身の体調の変化について「毎日記録している」という方がいる一方で、「三日坊主で続かない」「忙しくて後回しにしてしまっている」という話もよく聞かれます。

「IBDの重症度チェックテスト」は、4つの質問に答えるだけで、現在の状態が、軽症・中等症・重症のどれに近いのか、簡単に知ることができます。

「IBDの重症度チェックテスト」はコチラ

新規会員登録(無料)

※重症度チェックテストは、下記研究に基づいています。 難治性疾患政策研究事業.“潰瘍性大腸炎・クローン病診断基準・治療指針(平成30年度改訂版)”.厚生労働省. 2018.

定期的にチェックすることで、ご自身の体調の変化に気付きやすくなります。1分もかからず結果が出ますので、まずは続けることから始めてみましょう。

チェックテストの結果は目安ですので、いつもと違う症状が出たら、早めに受診してくださいね。みなさんの体調管理に少しでも役立てればうれしいです!

(IBDプラス編集部)

Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
レシピ特集
レシピ特集をみる