シンポニー(一般名:ゴリムマブ)

TNF(腫瘍壊死因子)-αは、免疫システムの細胞から分泌されるタンパク質であるサイトカインのひとつで、免疫の働きや炎症に関係しています。このお薬は、潰瘍性大腸炎、関節リウマチなどの主要な原因物質のひとつと考えられているTNF -αの働きを抑えることによって症状を改善する抗体医薬品です。

監修者:薬剤師 小坂信夫

効能・効果

潰瘍性大腸炎は、腸粘膜および粘膜下層の炎症と、潰瘍を特徴とする慢性・再発性の炎症性疾患です。患者さんの血液や結腸組織などに、TNF-αが高濃度にみられることが報告されています。またアメリカでは、重症度と罹患範囲に応じて薬剤が選択され、抗TNF‐αモノクローナル抗体(TNFの働きを弱める抗体)は、既存の治療で効果が不十分な中等症から重症の活動性潰瘍性大腸炎の治療薬として位置づけられています。国内でも、既存治療(アミノサリチル酸製剤、経口ステロイド、免疫調節剤)で効果不十分な中等症または重症例を対象とした臨床試験の結果、有効性と安全性が確認されています。中等症から重症の潰瘍性大腸炎の改善および維持療法(既存治療で効果不十分な場合に限る)に使用されます。

使用上の注意

以下に該当する患者さんは、使用する前に医師、薬剤師にお伝えください。

  • 過去に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある方。
  • 感染症またはその疑いがある方。
  • 活動性結核、結核に罹患したことがある、またはその疑いがある方。
  • 脱髄疾患(多発性硬化症など)またはこれらに罹患したことがある方。
  • うっ血性心不全がある、血液疾患(汎血球減少症、白血球減少、好中球減少、血小板減少など)またはこれらに罹患したことがある方。
  • 過去に間質性肺炎にかかったことがある方。
  • B型肝炎または罹患したことがある方。
  • 過去にラテックス過敏症といわれたことがある、またはその可能性がある方。
  • 妊娠または授乳中の方。
  • 現在使用している薬剤についても、医師、薬剤師にお伝えください。
  • 薬剤の用法、用量、使用方法(特に自己注射)について、必ず、医師や薬剤師から説明を受けてください。

併用注意

併用注意はありません。

用法・用量

【シンポニー皮下注 50mgシリンジ】
通常、成人にはゴリムマブ(遺伝子組換え)として初回投与時に200mg、初回投与2週後に100mgを皮下注射します。初回投与6週目以降は100mgを4週に1回、皮下注射します。本剤の投与開始後、14週目の投与までに治療に対する反応がみられない場合には、本剤の投与を継続するべきかどうかも含め、治療法について再考します。

副作用

主な副作用として、鼻咽頭炎、上気道感染、注射部位反応(紅斑、かゆみ、蕁麻疹など)、咽頭炎、発疹、細菌感染、帯状疱疹などが報告されています。これらの症状が出た場合には、担当の医師または薬剤師に相談してください。また、下記のような症状があらわれた場合も、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。使用を中止し、すぐに医師の診療を受けてください。

  • 発熱、全身倦怠感、息苦しい・息切れ[重篤な感染症]
  • 発熱、から咳、呼吸困難[間質性肺炎]
  • 長引く微熱・咳(2週間以上)、全身倦怠感、体重減少[結核]
  • 視力低下・複視、しびれ・痛み・運動麻痺[脱髄疾患]
  • 発熱の持続、出血しやすい、血が止まりにくい[重篤な血液障害]
  • 動悸・息切れ、胸が痛い、足のむくみ[うっ血性心不全]
  • 息苦しい、蕁麻疹、意識がもうろうとする[重篤なアレルギー反応]
  • 関節痛、筋肉痛、皮疹[ループス様症候群]

コラム

抗体医薬品のメリットは、少ない副作用で高い効果が得やすく、効果の判断が容易なこと、また、体内で効果を発揮する持続時間が長いため使用回数が少なくて済むことです。一方、デメリットとしては、患者さんの経済的負担が増す可能性、飲み薬にできないため、投与が注射剤などに限定されていることなどがあります。しかし、これらのデメリットも、今後、生産技術や遺伝子技術の改善や進歩などにより解消されていくと考えられています。

Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事