プレドニン、プレドニゾロン(一般名:プレドニゾロン)

プレドニゾロンはステロイド(副腎皮質ホルモン)の一種で、強力な抗炎症効果をもち、炎症性、免疫系、アレルギー性の病気などに広く使用されており、炎症性腸疾患にも処方されます。副作用について懸念をもたれていますが、上手に使用すれば副作用も最低限に抑えることが可能です。

監修者:薬剤師 小坂信夫

効能・効果

クローン病では、中等症・重症の患者さんに対して投与されます。主にアミノサリチル酸製剤で十分な効果が得られない場合や、中等度以上の強い炎症を抑える場合に用いられます。ただし、長期間服用することでさまざまな副作用が発現する可能性があることから、漫然と使用することは避け、症状の改善に伴い徐々に減量することが重要です。

プレドニン、プレドニゾロンについて

プレドニンおよびプレドニゾロンとも商品名こそ違いますが、成分は同じ経口剤です。ステロイド剤は、これ以外にも複数のジェネリック医薬品があります。

使用上の注意

  • 決められた飲み方を必ず守ってください。注腸剤の場合には使用方法や使用回数を説明書に従ってください。
  • 自分の判断で投与を中止しないでください。
  • 発熱やかぜ症状を含め、この薬を服用中にいつもと違う症状があらわれたら、すぐに受診してください。
  • 大けが、手術、予防接種や皮内反応テストをするときには、この薬を飲んでいることを報告してください。

併用注意

以下のような薬を併用して使用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示をあおいでください。

  • 抗けいれん薬のフェノバルビタールやフェニトイン、結核の薬のリファンピシン、抗凝血薬のワルファリン、アスピリンなどサリチル酸誘導体、糖尿病の薬、利尿薬など。
  • 長期もしくは大量服用中あるいは中止後6か月以内の人は「生ワクチン」の接種を控えてください。

用法・用量

【プレドニン5mg錠/プレドニゾロン1mg錠・5mg錠】
クローン病には、通常、成人でプレドニゾロン1日40mg/日(重症例では40~60mg/日)の経口投与を行う。

副作用

主なものとしてムーンフェイス、いらいら感、不眠、消化不良、下痢、吐き気、食欲増進、にきび、むくみ、生理不順などです。また、急に中止すると重い反発症状が出る危険性があります。下記のように[ ]で示した疾患を引き起こす可能性があります。体調の変化を感じた場合はすぐに医療機関を受診してください。

  • 発熱、倦怠感、のどの痛み、咳や痰、息苦しい、嘔吐、下痢、皮膚がピリピリ痛い、皮膚の発赤・水ぶくれ・できもの[重い感染症]
  • だるい、吐き気、下痢、のどが渇く、水をがぶ飲み、多尿、食欲増進、太る[副腎不全、糖尿病]
  • 胃痛、腹痛、吐き気、嘔吐、吐血(コーヒー色のものを吐く)、下血(血液便、黒いタール状の便)[消化管潰瘍・胃腸出血]
  • 吐き気、吐く、上腹部~背中の激しい痛み[膵炎]
  • 憂うつ、気分がひどく落ち込む、やる気が出ない、悲観的、不安感、不眠[抑うつ]
  • 骨がもろくなる、背中や足腰の痛み、骨折[骨粗鬆症]
  • 見えにくい、かすんで見える、まぶしい、視力低下、目の痛み、頭痛、吐き気[目の重い症状(緑内障、白内障など)]
  • 手足特にふくらはぎの痛み・腫れ・むくみ・しびれ、突然の息切れ・息苦しい、深呼吸で胸が痛い、急に視力が落ちる、視野が欠ける、目が痛む、頭痛、片側のまひ、うまく話せない、意識が薄れる[血栓症]

コラム

ステロイドとは、副腎から作られる副腎皮質ホルモンのひとつです。副腎は両方の腎臓の上端にあり、いろいろなステロイドホルモンを産生・分泌します。ステロイドホルモンを薬として使用すると、体の中の炎症を抑えたり、体の免疫力を抑制したりする作用があり、さまざまな疾患の治療に使われています。しかし副作用も多いため、用法・用量をしっかり守る必要があるお薬です。

Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事