レミケード(一般名:インフリキシマブ)

クローン病は消化管のさまざまな部分に慢性の炎症が起こる疾患で、腹痛、下痢、血便、発熱、肛門付近の痛みや腫れ、体重減少などがみられ、治療により寛解(症状はないが弱い炎症が起こっている)しても、また再燃(症状が悪化する)を繰り返します。完治させることはできないため、治療はまず薬を用いて症状を抑え、寛解を維持することを目標に行います。症状が出ていて他の薬では改善せず、強力なステロイドによる治療でも効果が十分ではない場合、インフリキシマブ(製品名:レミケード)という点滴のお薬を使用することがあります。インフリキシマブは、炎症や潰瘍を引き起こすサイトカインTNF-αの働きを抑える生物学的製剤です。
クローン病では深い潰瘍が腸管のあちこちにできるため、腸管や臓器の組織に炎症などによって生じた管状の穴(瘻孔)があいてしまうことがあります。瘻孔のうち、おなかの中の臓器同士の間にできるものが内瘻、腸管と皮膚の間にできて体表に通じているのが外瘻です。外瘻はさまざまな日常生活の困難をもたらしますが、インフリキシマブは、この外瘻に対しても効果が確認されています。

監修者:薬剤師 谷本かおり

効能・効果

クローン病の炎症で、重要な役割を果たしているサイトカインの一つが、TNF-αです。TNF-αには直接炎症を起こす作用があり、さらに他の炎症を起こす物質の産生にも関わっています。インフリキシマブはTNF-αにくっついてその働きを抑えるだけでなく、TNF-αをつくっている細胞そのものを壊してしまう作用があります。

レミケードの特徴

TNF-αに対して働く抗体を、バイオテクノロジーにより人工的に作製して医薬品にしたもので、このような薬は生物学的製剤と呼ばれます。従来の化学的に合成される医薬品に比べると、標的に対して高精度で強力に働くことから、高い治療効果が期待できます。インフリキシマブの標的であるTNF-αは、過剰になるとさまざまな炎症性疾患を引き起こしますが、免疫機能において重要な役割を担うサイトカインでもあり、感染防御や抗腫瘍作用に関わっています。そのため、TNF-αの働きをレミケードで抑えている間は、感染症に特に注意する必要があります。また、レミケードのような生物学的製剤は、点滴により体が薬に対し強く反応して全身状態が悪化する、重い副作用(インフュージョン・リアクション)が起きることがあり、十分な対処ができる設備の整った医療施設での使用が推奨されています。

使用上の注意

  • 使用の前に、悪化するおそれのある感染症にかかっていないかを調べます。
  • 多発性硬化症など脱髄疾患にかかっている方や過去にかかったことのある方、うっ血性心不全の方は使用できません。
  • 点滴から数日後に遅れて発疹や発熱、顔や手のむくみ、蕁麻疹、頭痛、悪心が起きることがあります。これらの症状が出た場合は、すぐに医師に連絡してください。

併用禁止・併用注意

他の生物学的製剤との併用は避けてください。

用法・用量

体重1kg当たり5mgを1回の投与量として点滴します。初回とその2週間後、6週間後に投与し、それ以後は8週間の間隔で投与します。なお、6週の投与以降で効果が弱まるようであれば、医師の判断で投与量を増やしたり、間隔を短くすることがあります。投与量は体重1kgあたり10mgまで、投与期間の短縮は、最短で4週間間隔まで認められていますが、これらは患者さんの症状や病気の経過、副作用などを考慮して慎重に判断します。

副作用

点滴に伴い発疹や発熱、顔や手のむくみ、蕁麻疹、頭痛などが起きることがあります。また、のどの腫れや痛みが起きることがあります。
まれに下記のような症状があらわれますが、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。すぐに医師の診療を受けてください。

  • 発熱、のどの痛み、息苦しさ、頭痛、発疹 [敗血症、肺炎、真菌感染症、脳炎、髄膜炎、骨髄炎などの重篤な感染症]
  • 胸が苦しい、咳、発熱 [結核の発症]
  • 発疹、発熱、顔や手のむくみ、蕁麻疹、頭痛、呼吸困難 [重篤なインフュージョン・リアクション、遅発性過敏症]
  • 目が見えにくくなる、視野が欠ける、感覚がなくなる、体の一部が麻痺する、ものが飲み込みにくくなる、手足にふるえが出る [多発性硬化症、視神経炎、横断性脊髄炎、ギラン・バレー症候群]
  • 倦怠感、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、白目が黄色くなる [肝機能障害]
  • 関節の痛み、筋肉の痛み、蕁麻疹、かゆみ [抗dsDNA抗体の陽性化を伴うループス様症候群]
  • 倦怠感、あざができやすい、疲れやすい、発熱 [重篤な血液障害]
  • 筋肉痛、力が入らない、尿が茶色っぽい [横紋筋融解症]

コラム

現在使われている医薬品は大きく分けると、従来の化学的に合成された医薬品と生物学的製剤と呼ばれる医薬品があります。生物学的製剤はバイオ医薬品とも呼ばれます。生物学的製剤は、インフリキシマブのような抗体のほかに、酵素、ホルモン、サイトカイン、インターフェロンなどがあり、遺伝子組み換え技術や細胞培養技術等のバイオテクノロジーにより製造された、タンパク質を有効成分とする医薬品です。人体が自然に産生する分子の構造に似ているので、多くの病気に高い治療効果があります。生物学的製剤は、この30年の間に急速に研究が進んできましたが、すでにかなり研究が進んでいる化学合成医薬品に比べ、まだまだ大きな可能性を秘めています。

Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
無料で会員登録
無料で会員登録