潰瘍性大腸炎で、IgG(免疫グロブリンG)値が高い人と高くない人の違いは?

潰瘍性大腸炎を患い、IgGが2800程度となっています。
最近主治医より聞いたのですが、UCの患者の中でもIgGが高くなる人とならない人がいるそうです。
そこで質問なのですが、
1.両者の違いはなんでしょうか。
2.重症度や治療法などに違いが出て来るのでしょうか。
3.合併症などのリスクも変わってくるのでしょうか。
よろしくお願い致します。
(30代/男性)

Powered by AskDoctors

A先生からの回答
消化器内科

医師からの回答を見るには、新規会員登録またはログインが必要です。

新規会員登録(無料)

Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
レシピ特集
レシピ特集をみる