ツインラインNF(たん白アミノ酸製剤)

クローン病は消化管のさまざまな部分に慢性の炎症が起こる疾患で、腹痛、下痢、血便、発熱、肛門付近の痛みや腫れ、体重減少などがみられ、治療により寛解(症状はないが弱い炎症が起こっている)しても、再燃(症状が悪化する)を繰り返します。食事や栄養状態は、クローン病の寛解や再燃に関係があると考えられています。食事の消化による消化管の負担を軽減し、食事の成分による刺激から消化管を守りながら必要な栄養を補う目的で、ツインラインNF配合経腸用液(以下ツインライン)を処方されることがあります。ツインラインは、消化態タンパク質、脂肪、糖質、電解質、微量元素類およびビタミン類を成分とする消化態の経腸栄養剤です。

監修者:薬剤師 谷本かおり

効能・効果

消化態タンパク質などの栄養成分をバランスよく含み、消化管の安静を保ちながら栄養を摂ることができます。長期にわたり食事が十分に摂れない場合や、手術後の栄養補給に使用されます。

ツインラインの特徴

A液、B液の2種類の液体を飲む直前に混ぜて服用します。経口摂取が難しい場合は、鼻の穴(経鼻)または胃や腸に開けた穴(胃瘻、腸瘻)からチューブで消化管に直接注入することも可能です。ツインラインは、タンパク質を消化してできたトリペプチドやジペプチドという、アミノ酸からなる小さな断片が配合されています。また、脂肪も配合されており、必須脂肪酸を摂ることができます。栄養分はそのまま腸から吸収され、残りかす(便)はほとんど出ません。

使用上の注意

  • 調整方法や使用方法、注意点などについて、必ず医師や薬剤師から説明を受けてください。
  • A液とB液を混ぜたら速やかに服用または注入し、12時間以内に使い切ってください。
  • 一度に速いスピードで摂取すると、下痢や腹痛を起こすことがあります。
  • 過去に薬で、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある方、肝・腎障害、糖尿病などの糖代謝異常、肝性昏睡・肝性昏睡のおそれ、急性膵炎、先天性アミノ酸代謝異常がある方、妊娠、授乳中の方、他の薬を服用中の方は、使用前に医師と薬剤師に伝えてください。

用法・用量

【内服する場合】A液200mLとB液200mLを飲む直前に混合します。標準量として、成人は1日1,200〜2,400mL(1,200〜2,400kcal)を1回または数回に分けて服用します。
【チューブを使用して注入する場合】A液200mLとB液200mLを注入前に混合します。標準量として、成人は1日1,200〜2,400mL(1,200〜2,400kcal)を、1時間に75〜125mLの速さで、1日12〜24時間かけて注入します。注入量や濃度、注入速度は必ず医師の指示に従ってください。少量から開始し、徐々に増量していくのが一般的です。
使用量は年齢・体重・症状に応じて適宜増減されます。医師の指示を守り、自分の判断で変更したり中止したりしないでください。

副作用

比較的起きやすいのは下痢で、そのほかにおなかの張り、腹痛、吐き気などがあります。このような症状に気づいたら、医師や薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれますが、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。このような場合は使用を中止し、すぐに医師の診療を受けてください。

  • 意識が薄れる、呼吸しにくい、吐き気、蕁麻疹 [ショック、アナフィラキシー様症]
  • 発汗、痙攣、意識が薄れる [低血糖]

コラム

栄養剤は、タンパク質の消化の状態によって、「半消化態栄養剤」「消化態栄養剤」「成分栄養剤」の3種類に分けられます。タンパク質がそのまま入っているのが半消化態栄養剤、ある程度分解されてアミノ酸が2~3個つながった小さな断片になっているのが消化態栄養剤、さらにアミノ酸にまで分解されているのが成分栄養剤で、ツインラインは消化態栄養剤に分類されます。半消化態栄養剤は、味の点で飲みやすい反面、タンパク質を消化する必要があるため消化管への負担が大きく、成分栄養剤は消化管への負担はほとんどない一方で、味が悪く飲みにくいという特徴があります。その中間にあたるのが、ツインラインなどの消化態栄養剤です。いずれの栄養剤も患者さんの症状に合わせて、治療に必要な場合に医師から処方されます。

Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
レシピ特集
レシピ特集をみる