5月19日のWorld IBD Dayに向け、IBD患者会が啓発グッズ販売

ニュース2018/3/28

Twitterでつぶやくいいね!

くまモンのピンバッジで被災地支援にも

5月19日はWorld IBD Day。潰瘍性大腸炎やクローン病など炎症性腸疾患(IBD)について理解を深めてもらうため、世界中でさまざまなイベントが行われます。日本全国のIBD患者会の集まり「IBDネットワーク」は、啓発グッズを制作し、販売していることを発表しました。

啓発グッズは、「マフラータオル」「Tシャツ」「ピンバッジ」「ステッカー」の4種類。お得なセットも用意されています。販売元は九州IBDフォーラムで、ピンバッジには熊本のご当地キャラクター「くまモン」を採用し、熊本地震の被災地支援にもなるようです。

購入の申し込みは、規定の申込用紙に記載して、メールまたはFAXで。申込用紙はIBDネットワークのウェブサイトからダウンロード可能です。

(IBDプラス編集部)

Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事