手術後の縫合不全。自然にくっつくと言われたけど不安です…

先月潰瘍性大腸炎に伴う大腸全摘出手術を行いました。その後2期手術として肛門管と小腸(IACA)を吻合いたしましたが、その際に小腸の状態が悪く、8.9割の確率で縫合不全を起こすと言われておりました。その後、何とか縫合不全を起こすことなく、その後のCT検査、造影剤レントゲン検査でも異常は見られませんでした。先日内視鏡検査を実施した際に主治医から概ね吻合状態はいいが、一部に縫合不全があり、4ミリ程の穴が一つ開いてるとの話でした。主治医曰く、造影剤の漏れもなく、腸液が外に出ることの炎症値も見られないため、自然にくっつくだろうと仰られてました。まずはそういうものなのかという事と、今後人工肛門を閉じた際にその穴から排便等が漏れ出るのではないかと心配しています。今後主治医は定期的に内視鏡検査を実施し、経過を観察していくと話しています。ご見解を伺えれば幸いです。よろしくお願いいたします。
(40代/男性)

Powered by AskDoctors

A先生からの回答
消化器内科

医師からの回答を見るには、新規会員登録またはログインが必要です。

新規会員登録(無料)

Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
レシピ特集
レシピ特集をみる