5-ASA不耐症かもしれないと言われました。強い薬を使うことになるのか心配です

高校生の息子が潰瘍性大腸炎になってしまいました。左側腸炎型の中等症です。当初、リアルダが処方され1日4錠で飲み始め、一旦症状が改善傾向にありましたが、1週間過ぎた頃から徐々に後戻りし、微熱が出始め、5-ASA不耐かも知れないと言われリアルダを中止しました。その後、ステロネマ注腸剤でみるみる症状が改善し、使用後1週間ほどで普通便1日1回出血なしになり、現在も継続中です。このまま落ち着いて寛解期に持ち込めたとしても、寛解維持するためのお薬が使えないことにかなり不安です。主治医は、本当に5-ASA不耐なのか、頃合いをみて少量から薬を変えて試してみたいとおっしゃっています。漢方なども相談してみようと思っていますが、主治医に「5-ASAが使えないとなるとかなり厳しい」と言われてしまったことがとてもショックで、今後強い薬に頼らざるを得ない状況になっていくのが不安で仕方ありません。5-ASA製剤が使えない場合の一般的な対策や治療方法を知りたいです。よろしくお願いします。
(たまさん 息子さんが潰瘍性大腸炎歴2か月)

三枝先生

IBD専門医
三枝先生からの回答

三枝先生からの回答を見るには、新規会員登録またはログインが必要です。

新規会員登録(無料)

三枝先生への質問募集中 ▸

三枝陽一先生
JCHO相模野病院 消化器内科部長
三枝陽一先生
2001年 北里大学医学部卒業。北里大学病院 内科研修医
2003年 大和市立病院出向 内科後期研修医
2004年 北里大学東病院 消化器内科後期研修医、北里大学院入学
2008年 北里大学院卒業、学位取得。相模野病院出向
2018年 相模野病院 消化器センター部長
2018年 相模原保健所 疾病対策課

<学会資格>
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
難病指定医

三枝先生のIBD診療時間
月曜日:13:30~15:00
火曜日:9:00~11:30
水曜日:9:00~11:30
お問い合わせ:042-752-2025(代表)

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
レシピ特集
レシピ特集をみる