潰瘍性大腸炎に効果があるという食事療法を見つけましたが、効果はあるでしょうか?

三枝先生初めまして、ぺんぺんと申します。最近長年患っている潰瘍性大腸炎のことでずっとぐるぐる考え込んでしまっていたのでこのような場を設けていただき嬉しく思います。主治医の方にもなかなか話しづらく…。
自分のことで恐縮ですが、私は7年前の高校3年生のクリスマスに潰瘍性大腸炎になりました。その後すぐ寛解期になりましたが、1年後の大学1年生にまた再燃し、その後ずっと座剤を止めるとすぐ出血…という状態を繰り返しています。飲み薬は特に効果を感じることはできません。最近までは別にお薬代は高いけど、なんとなくいつか治るからのんびり生きようと思っていました。
ですが、長年お付き合いしている恋人との結婚を考えたとき、同居するのにトイレに何分もこもったり、血便を気にして美味しいものを食べられない未来は悲しいなと思い、本気で治したいと考えを改めました(将来子供も授かりたいと思っています)。
そこで自分なりに潰瘍性大腸炎を本気で治すにはと検索して食事療法をみつけたので数日前から始めてみましたが、なかなか血便が収まらず気が滅入ってしまっています…。このまま薬を使わずに自分の免疫力に頼った方法で治療をすすめて良いのでしょうか?長文になってしまい申し訳ございません。もし可能でしたらご回答お願い致します。
(ぺんぺんさん 潰瘍性大腸炎歴7年)

三枝先生

IBD専門医
三枝先生からの回答

三枝先生からの回答を見るには、新規会員登録またはログインが必要です。

新規会員登録(無料)

三枝先生への質問募集中 ▸

三枝陽一先生
JCHO相模野病院 消化器内科部長
三枝陽一先生
2001年 北里大学医学部卒業。北里大学病院 内科研修医
2003年 大和市立病院出向 内科後期研修医
2004年 北里大学東病院 消化器内科後期研修医、北里大学院入学
2008年 北里大学院卒業、学位取得。相模野病院出向
2018年 相模野病院 消化器センター部長
2018年 相模原保健所 疾病対策課

<学会資格>
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
難病指定医

三枝先生のIBD診療時間
月曜日:13:30~15:00
火曜日:9:00~11:30
水曜日:9:00~11:30
お問い合わせ:042-752-2025(代表)

Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
レシピ特集
レシピ特集をみる