潰瘍性大腸炎の食事で気を付けたいポイント

食事2018/7/23

Twitterでつぶやくいいね!

どうして食事に気を付けなければいけないの?

悩んでいる人

潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜の広い範囲で炎症が起こり、びらんや潰瘍ができる病気です。病変の範囲によって、「直腸炎型」「左側大腸炎型」「全大腸炎型」の3つに分類されます。代表的な症状として、慢性的な腹痛や下痢、血便、便漏れなどがあります。

発症の原因がまだよくわかっていないため、治療では、炎症を抑え込んで日常生活に支障のない状態(寛解)を目指します。消化に関わる腸に炎症が起こる病気なので、食生活に気を付けることで、ある程度症状をコントロールすることができます。

潰瘍性大腸炎の食事の基本

「高カロリー・低脂肪・低残渣・低刺激」が基本

潰瘍性大腸炎は、症状の個人差が大きな病気です。食事についても、何をどれだけ食べられるかの個人差が大きく、少しずつ試しながら、自分に合う食品・合わない食品を把握していく必要があります。また、食事の記録をつけると、自分に合う食品や合わない食品を把握するのにとても役立ちます。

消化器官に負担をかけないために、脂肪・残渣(ざんさ=食物繊維)・刺激物を避けつつ、必要なエネルギーを摂取するため、カロリーは高めを心掛けましょう。「高カロリー・低脂肪・低残渣・低刺激」が、潰瘍性大腸炎の食事のポイントです。1日に必要なエネルギー量は、「理想体重(標準体重)1kgあたり、約40kcal」ですが、事務職などで日中あまり動かない人や、炎症がないときは、「1kgあたり約35kcal」でも良いとされています。ただし、特に子どもの場合は、潰瘍性大腸炎の炎症によりエネルギーの吸収が十分でなく、成長に影響が出る場合もありますので、カロリーは高めが良いとされています。

必要なエネルギー量を計算してみましょう

理想体重(kg)=(身長m)2×22
1日に必要なエネルギー量(kcal)=理想体重(kg)×40

身長170cmの場合
理想体重=(1.7m)2×22=63.6(kg)
1日に必要なエネルギー量=63.6(kg)×40=2,544(kcal)

再燃してしまったときの食事の注意点

再燃してしまった場合は、医師の指示に従って食事を調節します。入院中は流動食や成分栄養剤、症状がよくなってきたら、お粥やスープなどを摂ります。症状が重い場合には絶食になることもあります。

退院してすぐは、炎症がまだ治まっていないこともあります。脂質が少なく、消化が良いお粥などから始めましょう。寛解期には、自分に合わない食材以外は、基本的には何を食べても良いとされており、あまり神経質になる必要はありません。ただし、好きなものを好きなだけ食べていいというわけでもありません。食事の基本である「高カロリー・低脂肪・低残渣・低刺激」を心がけましょう。

潰瘍性大腸炎の人が食べても良い食材は?

お肉は「白身魚や赤身」「ささ身や胸肉」「牛や豚の赤身肉」を

煮魚定食

食事の基本は、「高カロリー・低脂肪・低残渣・低刺激」。寛解期で体調がすぐれないときでも、魚なら比較的安心して食べられます。特に、ウナギや青魚よりも、タラやカレイなどの白身魚や、マグロの赤身のような脂の少ない魚を選べばより安心です。ただし、調理法には気を付けましょう。特に体調が今ひとつ優れないときには、揚げ物はもちろん、生もの(お刺身)も避けたほうが安心です。IBDの人が食中毒になると重症化しやすいので、そういった意味でも生ものには十分注意しましょう。お肉が食べたいときには、鶏のささ身や胸肉を選びましょう。鶏肉の皮には脂が多いため、胸肉は皮なしを選びます。また、活動期の程度にもよりますが、脂身が少ない牛肉も比較的安心して食べられます。寛解期で体調が良いときは、牛や豚の赤身肉(もも肉やヒレ肉)、鶏もも肉(皮なし)、豚レバーなども食べられます。ロース肉やバラ肉、ひき肉や、ハム、ベーコンなどの加工肉は、脂質が多いので避けましょう。

主食は米からできたおかゆやうどん、そうめんが安心

主食となるごはんは、寛解期の体調がすぐれないときでも安心して食べられます。主食となるごはんは活動期の体調が優れないときでも安心して食べられます。ごはんのほかにも、体調に合わせて、おかゆ、もち、うどん、そうめん、ビーフンなどから選びましょう。体調がよければ、食パンやフランスパン、スパゲッティも食べられます。脂肪の多いデニッシュやクロワッサン、ラーメンは避けましょう。

食物繊維も「水溶性」「適量」であれば大丈夫

「低残渣」が食事の基本ですが、体調が落ち着いていれば、食物繊維のなかでも水溶性の食物繊維は、適量であれば食べても大丈夫です。水溶性食物繊維には、りんごやバナナ、桃などに含まれるペクチン、海藻のぬめりの部分に含まれるアルギン酸ナトリウム、ごはんなどの糖質に含まれるオリゴ糖などがあります。水様便や排便回数が多いときなどに、水溶性食物繊維を摂ることで、便がまとまった形になり、下痢を防ぐことができます。

おすすめの食材

主食 お肉
豚・牛
通常時 ごはん
おかゆ
うどん
など
白身魚
赤身
ささ身
胸肉(皮なし)
調子の
いいとき
食パン
パスタ
など
青魚
うなぎ
もも肉(皮なし) 赤身(もも肉・ヒレ肉)
豚レバー

※自分の身体と主治医によく相談を!

潰瘍性大腸炎の人が避けたほうがいい食材は?

脂質はできるだけ控えめに

ポテトチップス

控えめにしたい食品として、まず脂質の多いものがあげられます。潰瘍性大腸炎の再燃と脂質の摂取との関連はまだ明らかになってはいませんが、一度にたくさんの脂質をとらないようにしましょう。脂質を一度に大量に摂取すると、腸管の運動が活発になり、下痢や腹痛の原因になります。

脂質を多く含む食品の代表的なものとして、肉では牛や豚のバラ肉やロース肉、魚であれば、ウナギやブリ、サバ、サンマなどが挙げられます。乳製品では生クリームやバター、クリームチーズが特に高脂肪です。マヨネーズやドレッシングなど、調味料にも油がたくさん使われていますので、注意しましょう。ポテトチップスなどのスナック菓子や、ケーキやドーナツなどの洋菓子、デニッシュやメロンパンなどの菓子パン、インスタントラーメンなどの加工食品も、食べるのを控えるようにしましょう。

油でも炎症を抑えてくれる「n-3系」脂肪酸はおすすめ

油のなかでも「n-3系」の油は炎症を抑える作用があるとされているので、摂取することをおすすめします。えごま油やしそ油のほか、マイワシ、サンマ、ホンマグロ、ハマチ、ブリなどの魚にも豊富に含まれます。一方、紅花油、大豆油、ひまわり油やお肉の脂のほか、揚げ物や炒め物などのお惣菜やマヨネーズにも多く含まれるn-6系の油は、できるだけ摂取を控えましょう。n-3系の油の割合を増やし、n-6系の油を減らすことを日ごろから意識して、摂取する油の20%をn-3系に、n-6系は80%にとどめることを目指しましょう。

油の種類と摂取割合の目標
20% 80%
n-3系を含む油 n-6系を含む油
えごま油
しそ油
マイワシ
サンマ
ホンマグロ
ハマチ
ブリ
紅花油
大豆油
ひまわり油
お肉の脂

この目標に近づくためにできる毎日の工夫としては以下のようなことが挙げられます。 ルールをあまり厳しくせずに、やれることから始めましょう。

  • 毎日魚を食べる
  • 医師の指示に従って、定期的に臨床検査を受けるようにしてください。
  • 寛解期であっても揚げ物は週2回までにする
  • 調理に使う油をできるだけオリーブオイルにする

腸管に狭窄がある場合や再燃時には食物繊維に注意

食物繊維は、腸管に狭窄がある場合には、食べ物が腸管に詰まってしまうため、避けるようにしましょう。狭窄がなければ、厳しい制限は特に必要ないと考えられています。ただし、下痢や腹痛などの症状があるときや再燃時には、腸管を休ませるために、食物繊維の少ない低残渣食が良いでしょう。

近頃の研究では、食物繊維が腸内環境を整え、炎症で傷ついた腸管の粘膜を修復したり、便を健康な状態にしたりするなど、腸に対して良い働きがあることもわかってきています。

乳製品は要注意。脂質の量にも注意して

潰瘍性大腸炎の人には、乳製品に含まれている乳糖を分解する酵素が少ない「乳糖不耐症」の人が多いとされています。乳糖不耐症は、乳糖を摂取するとお腹が痛くなったり、下痢や腹部膨満感などが起こります。少しずつ飲んだり食べたりしてみて、下痢や腹痛などの症状が出なければ、脂質の量に気を付けて、乳製品を摂取しましょう。

潰瘍性大腸炎の人に不足しがちな栄養素は?

水分補給を大切に

排便回数が多いときや、体調不良で熱が出たときに、下痢を心配して飲料を飲むのを控えていませんか。水分を控えてしまうと脱水状態になり、体重の20%の水分を失ってしまうと生命に関わる恐れもあります。のどの渇きを感じたらきちんと水分補給することが大切ですのどの渇きを感じる前に、こまめな水分補給を心がけることが大切です。また、飲料が暑すぎたり熱すぎたり冷たすぎたりすると腸を刺激しますので、気を付けましょう。

塩分の「不足」にも注意を

体調が悪くて食事の量が減ると、塩分摂取量も減ってしまいがちです。また、下痢を繰り返したり発熱したりして、水分の排泄が多いときに塩分が不足すると、脱水症状が起こりやすくなります。健康のためには減塩と考えがちですが、塩分の量については1日10~12g程度であれば、特に神経質になる必要はありません。

ステロイドの長期間服用者はビタミンDを意識して

潰瘍性大腸炎の人は、食事制限や吸収不良で、栄養素が不足してしまいがちです。また、腸管の病変の位置によっても、栄養素の吸収が悪くなることがあります。脂溶性ビタミンのビタミンA、ビタミンD、ビタミンKは、脂質と一緒に体内に吸収されるため、脂質の吸収障害があったり、厳しい脂質制限をしていたりすると、不足してしまうことがあります。特にビタミンDは、カルシウムの吸収を促す働きがありますが、ステロイドを長い期間服用しているとカルシウムの吸収障害が起こるため、ビタミンDを意識して摂取するようにしましょう。ビタミンDは、マグロやカツオのほか、サバ、ブリ、イワシなどの青魚などに魚や卵に多く含まれます。るほか、太陽の光を浴びると皮膚でも生成されるので、体調が落ち着いているときにはできるだけ外に出るようにしましょう。

外食もちょっとした工夫で楽しめる

カフェ

「潰瘍性大腸炎の患者で、食生活に気を付けなければならない」ということを、みんなに伝えていても、友人から「すてきなレストランがあるから、みんなで行こう」と誘われたり、職場の人に「疲れたからカフェに、コーヒーと甘いものでも食べに行こう」と誘われること、よくありますよね。ですが、一般的に外食では、肉や乳製品など脂肪の多い食品を使ったメニュー、油を多く使ったメニューが多くなります。体調が悪いときには外食をできるだけ控え、体調が良いときでも、行くのはできるだけ1日1回までを目安に楽しみましょう。

自分に合った外食時のお店やメニューの探し方

外食する際にはお店のホームページや、ネットの口コミ・写真などで、事前に情報を調べておくと良いでしょう。また、メニューに栄養成分表示のあるレストランを選ぶようにする、マヨネーズやドレッシングなどをできるだけ使わないようにする、またはノンオイルのものを選んだりするだけでも十分脂質を減らす効果がありますし、肉の脂身や揚げ物の衣を取り除くようにすれば、さらに脂質を減らせます。また、日頃から自分に合う・合わない食材を把握しておくようにして、自分に合うメニュー合った食品を中心に選ぶことも大切です。

複数人で外食に行く際は、自分で食べたい料理を組み合わせられるセルフ形式のレストランなどが利用しやすいのではないでしょうか。メニューとしては、うどんや鉄火丼、お寿司(わさびは抜いて)や焼き鳥などは、食べられる人が多いようです。また、避ける人が多いファミレスや居酒屋も、「いろいろ選べるし、小皿料理も多いから利用しやすい」という人もいます。食品の合う・合わないは、本当に人それぞれ異なります。自分だけのとっておきのメニューがあるレストランを探してみるのも楽しみのひとつではないでしょうか。外食で食べ過ぎてしまった場合には、そのあとの食事を低脂肪の献立にするなど、工夫しながらバランスをとっていきましょう。

コンビニやスーパーで買った加工食品の添加物にも注意

栄養成分表示
出展:消費者庁ホームページ「栄養成分表示を活用しよう①(栄養成分表示ってなに?)」より(一部改変)

一人暮らしなどで、コンビニやスーパーをよく利用する人も多いかと思いますが、それらの加工食品には、PH調整剤や保存料、化学調味料などの添加物が複数添加されていることが多いので、利用回数は控えめに。購入するときには、栄養成分表示や原材料を見て、脂質の量や自分に合わない食品が含まれていないかを必ず確認します。

サンドイッチは、挟んである具材が低脂肪でも、パンにマーガリンやマスタードが塗ってあったり、こしょうなどの香辛料や添加物が含まれていたりすることがあるので、注意が必要です。比較的安心して食べられるのは、おにぎりや和風のお弁当(揚げ物メインでないもの)、うどん、そばなどです。また、コンビニのおにぎりは、温めてから食べると、でんぷんがα化されて消化がよくなりますので、ぜひ温めて食べるようにしましょう。

たまには“自分にごほうび”。ストレスをうまく解消して

「高カロリー・低脂肪・低残渣・低刺激」が食事の基本とはいえ、制限のある食事ばかりではストレスが溜まってしまう方もいるかもしれません。自分の体調をしっかり把握して、体調がいいときには、制限を緩めてみてもいいのではないでしょうか。今まで控えていた食品や、新しい食品にチャレンジしてみるチャンスでもあります。

控えていた食品を食べてしまったり、食べ過ぎてしまったり、誘惑に負けてしまったときに反省する気持ちはわかりますが、自分を責めるのはやめましょう。次の食事から新たな気持ちでまた調節していけばいいのです。時には心からおいしいと感じる好物を食べて、自分にごほうびをあげることも大切です。暴飲暴食はだめですが、「今日は好物を気にせずに食べる」など、体調と相談しながら特別な日を設け、ストレスを解消しながら、食事療法を続けていきましょう。

(監修者:管理栄養士 優生)

※個人の体質・病状などにより、記事の内容と異なる場合があります。不安なことがあれば、主治医や栄養士にご相談ください。

参考文献
  • 松本誉之、斎藤恵子ほか:潰瘍性大腸炎・クローン病の人の食事 (健康21シリーズ 14) , 女子栄養大学出版部, 2008
  • 田中可奈子、酒井英樹ほか:クローン病・潰瘍性大腸炎の安心ごはん―「おいしく食べたい!」をかなえる (食事療法はじめの一歩シリーズ) , 女子栄養大学出版部, 2014

潰瘍性大腸炎患者さんのためのレシピ

Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事