冷やし豆乳めん

レシピ2018/7/2

Twitterでつぶやくいいね!
3倍希釈のめんつゆを豆乳で希釈した「豆乳めんつゆ」を使い、口当たりをマイルドにしました。たんぱく質などの栄養価もアップしています。

このレシピの対象疾患・病期:潰瘍性大腸炎、クローン病(寛解期)

冷やし豆乳めん

栄養価(1人分)

エネルギー 465kcal
たんぱく質 32.5g
脂質 7.9g
炭水化物 63.1g
食物繊維 2.8g
食塩相当量 6.2g(汁を飲まずに残す場合は、約3.1g)

材料(1人分)

冷凍麺 1玉(約200g)
めんつゆ(3倍希釈) 1/4カップ(50ml)
豆乳 1/2カップ(100ml)
きゅうり 1/2本
市販のローストチキン 1/2パック(50g)
ミニトマト 2個

作り方

1.ローストチキンは手で裂き、細かくする。きゅうりは千切りにする。
ポイント市販のローストチキンを使うことで、簡単に冷やし麺の具を作ることができます
ローストチキンは手で裂き、細かくする。きゅうりは千切りにする。
2.1をボールに入れて混ぜ合わせ、ラップをして食べる直前まで冷蔵庫に入れて冷やす。
1をボールに入れて混ぜ合わせ、ラップをし食べる直前まで冷蔵庫に入れて冷やす。
3.冷凍麺は、お湯で茹でてから流水にさらし、水気を切って冷やしておく。
4.ミニトマトはヘタを取り、1/4にカットする。めんつゆを豆乳で希釈し、食べる直前まで冷蔵庫で冷やす。
5.お皿に麺を盛り、その上に2を盛り付け、彩りに4を飾り、最後に4の豆乳めんつゆを流しかける。
ポイント症状が落ち着いている方は、1~2滴ラー油をたらすと、よりおいしくお召し上がりいただけます。
お皿に麺を盛り、その上に2を盛り付け、彩りに4を飾り、最後に4の豆乳めんつゆを流しかける。

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

管理栄養士

Izumi Ohba

病院栄養士、調理師養成専門学校教員などを経て、現在は介護福祉施設栄養士。家族がIBD患者。得意分野は嚥下調整食。簡単で、すぐできて、おいしいレシピ作りを心がけています。彩り豊かで楽しいお食事を!!
Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事