鮭缶deトマトカレー

レシピ2017/10/26

Twitterでつぶやくいいね!
キーワード: 寛解期潰瘍性大腸炎
脂質の多いカレールーの使用量を減らし、トマトジュースで旨味をプラス。ほんのりカレー風味のやさしい味わいです。

このレシピの対象疾患・病期:潰瘍性大腸炎(寛解期)

鮭缶deトマトカレー

栄養価(1人分)

エネルギー 162kcal
たんぱく質 11.9g
脂質 7.5g
炭水化物 12.3g
食物繊維 2.6g
食塩相当量 1.6g

材料(2人分)

鮭水煮缶 小1缶(90g)
キャベツ 1/4ヶ(150g)
玉ねぎ 1/4ヶ(40g)
カレールウ 1片
50ml
トマトジュース(無塩) 100ml
少々
こしょう 少々
ブロッコリースプラウト 適量
ご飯(カレーはお好みでご飯にかけても可)

作り方

1.キャベツはざく切り、玉ねぎは薄切りにする。
ポイントキャベツ・玉ねぎは、繊維を断つように薄く切ると、やわらかく仕上がります。
1.キャベツはざく切り、玉ねぎは薄切りにする。
2.鍋に、鮭缶(汁ごと)→玉ねぎ→キャベツ→水の順に入れ、その上にカレールウをのせて火にかける。
2.鍋に、鮭缶(汁ごと)→玉ねぎ→キャベツ→水の順に入れ、その上にカレールウをのせて火にかける。
3.沸騰したら、ふたをして弱火で5分蒸し煮にする。
3.沸騰したら、ふたをして弱火で5分蒸し煮にする。
4.野菜がしんなりしたら、トマトジュースを加え、混ぜながらルウを溶かす。塩・こしょうで味をととのえる。
ポイント混ぜるときは、鮭をつぶしすぎないように注意しましょう。
4.野菜がしんなりしたら、トマトジュースを加え、混ぜながらルウを溶かす。塩・こしょうで味をととのえる。
5.器に盛り、ブロッコリースプラウトを添える。ご飯にかけて食べてもおすすめ。
ポイント状態にあわせて、添え野菜は変更してください。
5.器に盛り、ブロッコリースプラウトを添える。ご飯にかけて食べてもおすすめ。

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

フリーランス管理栄養士・在宅訪問管理栄養士

MIKI

福祉施設にて勤務後、2014年にフリーランスの管理栄養士となる。中学生のときにUCを発症し、大腸を全摘。大腸のないハンデと向き合いながら、現在はミドル・シニア層を中心に、『食を通して、笑顔でその人らしい生活を送ることができる』をキーワードに、クリニックでの栄養相談、各地域での介護予防、講師、講演、レシピ考案など、多方面で活動中。また、UC女子会Ambitious Waveのメンバーとして、関西を中心にランチ会などを開催する。
Twitterでつぶやくいいね!

関連する記事