ちくわのお好み焼き風卵焼き

レシピ2020/1/24

Twitterでつぶやくいいね!
低脂肪で高たんぱく質のちくわを使った卵焼きです。この1品で、低脂肪ながら、タンパク質を7.3gも摂取でき、タンパク質不足を補います。

このレシピの対象疾患・病期:潰瘍性大腸炎、クローン病(寛解期)

ちくわのお好み焼き風卵焼き

栄養価(1人分)

エネルギー 94kcal
たんぱく質 7.3g
脂質 3.2g
炭水化物 8.7g
食物繊維 6.5g
食塩相当量 1.3g

材料(2人分)

ちくわ 1本
1個
青ねぎ 3本
紅しょうが 10g
ひとつまみ
片栗粉 小さじ2
ソース 小さじ2
かつお節 少々

作り方

1.ちくわは、横1/2にカットしてから、縦に5mm程にカットする。青ねぎは小口切りにする。
ちくわは、横1/2にカットしてから、縦に 5mm程にカットする。青ねぎは小口切りにする。
2.ボールに卵を割りほぐし、その中に1の具と水気を切った紅しょうがを入れる。塩を入れて味を調える。
3.片栗粉を同量の水で溶いて水溶き片栗粉を作り、2の中に入れる。
片栗粉を同量の水で溶いて水溶き片栗粉を作り、2の中に入れる。
4.テフロン加工のフライパンを熱し、3を流し入れてふたをして焼き、火が通ったら裏返し、両面を焼く。
ポイント水溶き片栗粉は沈殿しやすいので、焼く直前に、もう一度しっかりとかき混ぜましょう。
テフロン加工のフライパンを熱し、3を流し入れてふたをして焼き、火が通ったら裏返し、両面を焼く。
5.焼きあがったら切り分け、ソースをかけて、かつお節を散らす。
焼きあがったら切り分け、ソースをかけて、かつお節を散らす。

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

管理栄養士

Izumi Ohba

病院栄養士、調理師養成専門学校教員などを経て、現在は介護福祉施設栄養士。家族がIBD患者。得意分野は嚥下調整食。簡単で、すぐできて、おいしいレシピ作りを心がけています。彩り豊かで楽しいお食事を!!
Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
レシピ特集
レシピ特集をみる