ヒュミラ使用者の継続治療を支援する「ヒュミラサポート便」を開始

ニュース2021/10/6

シリンジ廃棄箱や体調管理ノートなどのサポートツールを指定の場所に無料でお届け

アッヴィ合同会社とエーザイ株式会社およびEAファーマ株式会社は9月13日、同日よりヒュミラ処方患者さんの治療継続を支援する取組み「ヒュミラサポート便」を開始したことを発表しました。

ヒュミラサポート便は、ヒュミラを処方されている患者さんの希望により、サポートツールを直接自宅など、指定の場所に届ける無料のサービス。Webサイトや所定の用紙で申し込みすることで、使用済みシリンジ用廃棄ボックスやペン用廃棄袋のほか、各疾患別の体調管理ノート、患者さん向け冊子などのサポートツールを、指定の場所に無料で届けてくれるそうです。

これまで患者さんは、これらのサポートツールを、医療機関を受診した際に受け取っていました。そのため、必要なサポートツールが医療機関にない場合は手元に届くまでに時間がかかり、必要な時に使えない可能性がありました。

また、使用済みシリンジ用廃棄ボックスなどの大型のサポートツールは、持ち帰る際の負担にもなっていました。

3社は「ヒュミラサポート便により、患者さんが必要なサポートツールを入手するまでの時間を短縮するとともに、持ち帰りの負担を軽減することを目指す。また、患者さん向け支援プログラムをさらに充実させ、患者さんの治療継続に貢献していく」と、述べています。

(IBDプラス編集部)

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
レシピ特集
レシピ特集をみる