難病患者会の初心者リーダー向け研修会、参加者募集中

ニュース2017/11/10

Twitterでつぶやくいいね!

患者会の役割から相談に必要な知識まで、幅広く講習

炎症性腸疾患(IBD)などの難病患者や家族にとって、治療や生活上の悩みや不安を共有し相談できる場所が、患者会です。日本難病・疾病団体協議会は、患者会で活動しているリーダーや候補者を対象に、研修会を開催しています。

7回目となる2017年度の研修会は、年明けの2018年1月13日(土)~14日(日)に、神奈川県横浜市で開催。一泊二日の日程で、患者会の役割や活動のあり方、実務のポイント、さらには患者会活動の要となる相談を受けるうえで必要な知識などを学びます。対象となるのは、役員歴5年未満の患者会リーダー、またはリーダー候補者で、ひとつの団体から2名まで参加可能です。過去に参加したことのある方は参加できません。

参加を希望される方は、日本難病・疾病団体協議会のウェブサイトから、参加申込書をダウンロードして必要事項を記入のうえ、メールまたはFAXでお申し込みください。2017年12月15日まで受け付けています。

(IBDプラス編集部)

Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事