IBD患者さん向け症状記録・共有アプリ「IBDホーム」をリリース

ニュース2019/8/20

Twitterでつぶやくいいね!

患者と医師をつなぐ機能で、診療をよりスムーズに

武田薬品工業株式会社は7月9日、炎症性腸疾患(Inflammatory bowel disease:IBD)患者向けの症状記録・共有アプリ「IBDホーム」のサービス提供を開始したことを発表しました。

image041

同アプリでは、自身の症状、食事の内容や写真を記録することが可能です。さらに、「学校の友達/職場の人にIBDのことを伝えていますか?」「IBDになってから海外旅行に行ったことがありますか?」など、日常の疑問について、アプリを使用する他の患者さんたちの考えを知ることができるアンケート機能も搭載されています。

また、大きな特徴として、患者さんと医師双方の同意が得られた場合に「医師の側からも患者さんの症状の記録が見られる」という機能があります。これにより、医師は「適切な治療介入のタイミング」を知ることができ、看護師・栄養士などにも協力を仰ぎやすくなります。一方、患者さんは症状や食事の記録だけでなく、次回診療の際に医師に確認したいことや相談したいことをあらかじめ入力できるので、「診療時のコミュニケーションがスムーズになる」というメリットが得られます。

同アプリでは、オリジナルキャラクターであるニワトリの「ココくん」が、使っていない機能の説明や病状に合わせたメッセージをくれるほか、アプリを利用することで、ココくんが卵からニワトリへ成長していくという遊び心も。「毎日記録なんて面倒…」という人でも飽きずに続けられる工夫が施されています。

武田薬品が語るIBD患者さんへの想いとは?

武田薬品工業株式会社の広報担当者によると、ココくんの「ココ」は、「心地よい」のココから取ったもので、「IBD患者さんに心地よい毎日を送ってほしい」という意味が込められているのだとか。また、ココくんのメッセージも、アプリの開発に携わっているメンバーが、社内で何度もシミュレーションして決めたそうで、お誕生日など特別な日にしか聞けないメッセージもあるそうです。

皆さんはなんと、IBDプラスを日常的にチェックしてくださっているとのこと。業界は異なりますが、「IBD患者さんが毎日をもっと楽しめるようにサポートしたい」「IBD患者さんの未来をよりよいものに変えていきたい」という想いで通じ合うことができました。

(IBDプラス編集部)

Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
レシピ特集
レシピ特集をみる