潰瘍性大腸炎疑いの3歳の息子。免疫抑制剤をこのまま使い続けることが不安です

医師と患者のお悩み相談2022/9/22

  • Twitterでつぶやく
  • いいね!
  • LINEで送る
  • URLをコピー URL
    copied

潰瘍性大腸炎疑いの3歳の息子がいます。2歳になる前から下痢からの血便が始まり、中等症に相当する症状で入院、内視鏡で大腸に2か所の炎症が確認できました。ステロイド治療からの寛解導入以降はメサラジン500mgとアザチオプリン3.5ml(シロップに混ぜて使用)を毎日使用しております。

しかし、免疫抑制薬+幼児ということもあり日々公園や保育園などでさまざまなものに触り口に含むせいか、細菌感染にすぐに罹ってしまい、寛解期に入ってから3回以上細菌感染、その度に抗菌薬を数週間使っての繰り返しで、結局腸の炎症が何かしらの原因で常に続いている状況です。抗菌薬の使用過多も心配ですが、今の状態でアザチオプリンを使用し続けることに不安があります。担当医は引き続きアザチオプリンの使用を続けたいようですが、この状況でも免疫抑制薬使用しか方法はないのでしょうか?

また、まだ幼すぎるため、潰瘍性大腸炎の可能性が高いというだけで、はっきりと判断をいただいていないのですが、息子は腹痛が無いようなのです(中等症で入院の時も真っ青な顔はしつつ常に動き回って、お腹を押されても痛がる様子もありませんでした)。潰瘍性大腸炎なのに腹痛が無いことは、あり得るのでしょうか?細菌感染時も痛みは全く無いようです。幼児の症例を探してもなかなか情報が無く不安な中、質問をさせていただける機会を頂き感謝いたします。ご回答いただけましたら幸いです。
(y.Asさん 息子さんが潰瘍性大腸炎歴1年)

三枝先生

IBD専門医
三枝先生からの回答

三枝先生からの回答を見るには、新規会員登録またはログインが必要です。

新規会員登録(無料)

三枝先生への質問募集中 ▸

三枝陽一先生
JCHO相模野病院 消化器内科部長
三枝陽一先生
2001年 北里大学医学部卒業。北里大学病院 内科研修医
2003年 大和市立病院出向 内科後期研修医
2004年 北里大学東病院 消化器内科後期研修医、北里大学院入学
2008年 北里大学院卒業、学位取得。相模野病院出向
2018年 相模野病院 消化器センター部長
2018年 相模原保健所 疾病対策課

<学会資格>
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
難病指定医

三枝先生のIBD診療時間
月曜日:13:30~15:00
火曜日:9:00~11:30
水曜日:9:00~11:30
お問い合わせ:042-752-2025(代表)

この記事が役立つと思ったら、
みんなに教えよう!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
レシピ特集
レシピ特集をみる