狭窄でバルーン拡張術を何度も受けている息子。経腸栄養剤もきちんと飲んでいるのにどんどん痩せて心配です

医師と患者のお悩み相談2022/9/28

  • Twitterでつぶやく
  • いいね!
  • LINEで送る
  • URLをコピー URL
    copied

こんにちは。クローン病を発症して10年の息子について相談させてください。現在身体を使う仕事についています。食事もかなり気を使っています。血液検査では、特に異常は、ここ数年ありませんが、小腸の同じ場所の狭窄があり、昨年3月バルーンで拡張したのですが、12月にも、またバルーンをしました。1か月後、また今度は別の場所の狭窄にバルーンを行いましたが、また調子が悪くなり、ほとんどエレンタールで過ごして、どんどん痩せています。

今日、病院で「同じところが狭窄している」と言われ、また拡張予定です。炎症は無いし、食事もうどんかエレンタールで頑張っているのですが、こう狭窄が続くのはなぜでしょうか。何かやれることはないか教えてください。ペンサタなどもきちんと飲んでいます。
(まーやさん 息子さんがクローン病歴10年)

三枝先生

IBD専門医
三枝先生からの回答

三枝先生からの回答を見るには、新規会員登録またはログインが必要です。

新規会員登録(無料)

三枝先生への質問募集中 ▸

三枝陽一先生
JCHO相模野病院 消化器内科部長
三枝陽一先生
2001年 北里大学医学部卒業。北里大学病院 内科研修医
2003年 大和市立病院出向 内科後期研修医
2004年 北里大学東病院 消化器内科後期研修医、北里大学院入学
2008年 北里大学院卒業、学位取得。相模野病院出向
2018年 相模野病院 消化器センター部長
2018年 相模原保健所 疾病対策課

<学会資格>
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
難病指定医

三枝先生のIBD診療時間
月曜日:13:30~15:00
火曜日:9:00~11:30
水曜日:9:00~11:30
お問い合わせ:042-752-2025(代表)

この記事が役立つと思ったら、
みんなに教えよう!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
レシピ特集
レシピ特集をみる