内視鏡的寛解後に粘血便…。どの程度出血したら注腸や坐剤の適応になる?

確定診断時には上行結腸にも炎症があったそうで、ペンタサ顆粒4gが処方されています。
昨年春からずっと内視鏡的寛解していることになっているのですが、最近になって粘血便が出るようになりました。
一応、先生には伝えてあります。
周りの患者さんから注腸や坐剤を勧められますが、実際のところ、どの程度の出血量(頻度?)があると適応となるのでしょうか?
ちなみに下痢や腹痛もなく、血液検査はすべての項目が正常値です。
(okatamacoさん 潰瘍性大腸炎〈直腸炎型〉歴4年/女性)

三枝先生

IBD専門医
三枝先生からの回答

三枝先生からの回答を見るには、新規会員登録またはログインが必要です。

新規会員登録(無料)

三枝先生への質問募集中 ▸

三枝陽一先生
JCHO相模野病院 消化器内科部長
三枝陽一先生
2001年 北里大学医学部卒業。北里大学病院 内科研修医
2003年 大和市立病院出向 内科後期研修医
2004年 北里大学東病院 消化器内科後期研修医、北里大学院入学
2008年 北里大学院卒業、学位取得。相模野病院出向
2018年 相模野病院 消化器センター部長
2018年 相模原保健所 疾病対策課

<学会資格>
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
難病指定医

三枝先生のIBD診療時間
月曜:9:00~11:30
火曜:13:30~15:00
お問い合わせ:042-752-2025(代表)

Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
レシピ特集
レシピ特集をみる