原因の異なる腸炎を潰瘍性大腸炎の増悪と誤診されステロイド投与…大腿骨頭壊死が心配

原因の異なる大腸炎を潰瘍性大腸炎の増悪と間違えられてステロイドの治療を受けていました。60mg静注から漸減して20mgから錠剤になり、2か月で服用をやめました。総量は1,500mg位です。しかし、ステロイドは病状を悪化させただけでした。専門医ではなかったので診断を間違ってしまったのは仕方ないとは思っています。今は平穏な日常に戻れているので当時のことは忘れようと思っていたのですが、ステロイドによる大腿骨の壊死は数か月~数年して症状が現れると知り、将来が不安になってしまいました。
時間を経過して出てくるステロイドの副作用には他にどのようなものがあるのでしょうか?ステロイド開始後の骨減少率は、初めの数か月で極めて高く、骨の破壊リスクは短期間でもあると書いてありました。医師を信頼してステロイドを受け入れてしまったことを後悔しています。
(asacoさん 潰瘍性大腸炎歴30年)

三枝先生

IBD専門医
三枝先生からの回答

三枝先生からの回答を見るには、新規会員登録またはログインが必要です。

新規会員登録(無料)

三枝先生への質問募集中 ▸

三枝陽一先生
JCHO相模野病院 消化器内科部長
三枝陽一先生
2001年 北里大学医学部卒業。北里大学病院 内科研修医
2003年 大和市立病院出向 内科後期研修医
2004年 北里大学東病院 消化器内科後期研修医、北里大学院入学
2008年 北里大学院卒業、学位取得。相模野病院出向
2018年 相模野病院 消化器センター部長
2018年 相模原保健所 疾病対策課

<学会資格>
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
難病指定医

三枝先生のIBD診療時間
月曜日:13:30~15:00
火曜日:9:00~11:30
水曜日:9:00~11:30
お問い合わせ:042-752-2025(代表)

Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
レシピ特集
レシピ特集をみる