【IBD白書2018】潰瘍性大腸炎・クローン病患者さんの「“トイレ”事情」 どんな時心配?対策法は?

白書20182018/8/23

Twitterでつぶやくいいね!

急にお腹が痛くなったときに限ってトイレが見つからない、トイレのことが気になって外出をためらってしまう……。潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患(IBD)患者さんにとって、「トイレ問題」は大きな悩みの種です。今回は、潰瘍性大腸炎の患者さん145人、クローン病の患者さん86人の計231人の声をまとめた「IBD白書2018」から、トイレに関する失敗談やどのような対策を施しているのか、患者さんの声をご紹介します。

「IBD白書2018」では、そのほかにも食事や就労、恋愛についてなど、さまざまな調査を実施しています。
IBDプラスに会員登録していただいた方に、マイページTOPで「IBD白書2018」のダウンロード版を進呈しています。ぜひ、ご登録ください。
すでに会員の方は、ログインするとマイページTOPでダウンロードができます。

新規会員登録(無料)

Q.どんな時、トイレが心配になりますか?

どんな時、トイレが心配になりますか

「旅行」が最も多く72.3%、次いで「アウトドアスポーツやレジャー」(48.9%)、「映画・コンサート」「学校・職場」(46.8%)となりました。その他では「通勤・通学」「トイレが少ないところ」などが挙がりました。
潰瘍性大腸炎では、 「旅行」が最も多く71.0%、次いで「学校・職場」(48.3%)、「映画・コンサート」(46.9%)。クローン病では、「旅行」が最も多く74.4%、次いで「アウトドアスポーツやレジャー」(54.7%)、「映画・コンサート」(46.5%)でした。

トイレの失敗エピソードは?

トイレに関する失敗経験について、患者さんから以下のエピソードが寄せられました。

日常で

  • おならのつもりが、出てしまう。我慢ができないので不意の気分悪さで、出てしまう
  • 便座に座った瞬間に便が出てしまい、それまでの「我慢できる時間」がアテにならなくなった
  • 脱ぎにくい服装の時に腹痛がきて失敗

外出・旅行時に

  • ウォシュレット無しのトイレがある施設に行った場合は怖さがある
  • 駅で間に合わずに漏らしたことがある。駅のトイレでは、トイレットペーパーが最初から汚いところがあり、自分のものを携帯するようにしている
  • 駅の改札内にしかトイレがないのに、改札を出てしまったことがあります
  • 買い物に行ったが、頻繁にトイレに行くので店舗内が見られず、子どももひとりにできない年齢だったので、トイレにつき合わせてしまった
  • 渋滞中に腹痛になり死ぬ思いで我慢した。間に合わずコンビニのトイレを借りて下着を購入した
  • バス停で寒くてお腹が痛くなり、慌てて家に引き返したが玄関で間に合わず漏らしてしまった
  • 電車で急にお腹が痛くなり、そんな時に限って電車がトラブルで止まって生きた心地がしなかった

学校・職場で

  • 仕事中、断りを入れトイレにこもっていたらかなり時間が経っていたらしく、先輩が心配してトイレまで様子を見に来たときは恥ずかしかったです
  • 終業式の最中に下痢の腹痛に襲われその時は耐えられたものの、下校途中に再度下痢に襲われ近くのスーパーに行くも間に合わなかった。そのうえ、スーパーのトイレットペーパーは切れており親が迎えに来るまで帰れなかった

次項では、「万が一」が起こらないための、患者さんの「トイレ対策」をご紹介します。

Q.トイレが心配なときに、どんな対策をとっていますか?

この続きを読むには、新規会員登録(無料)またはログインが必要です。

新規会員登録(無料)

Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

閉じる
無料で会員登録
無料で会員登録