【IBD+リサーチ】大腸内視鏡検査、どのくらいの頻度でうけている?

ニュース2018/6/19

Twitterでつぶやくいいね!

今回のクイックリサーチは「大腸内視鏡検査、どのくらいの頻度でうけている?」について。今回は潰瘍性大腸炎の患者さん限定の調査でしたが、みなさんの関心度が高く、たくさんのユーザーさんにご回答いただきました。ありがとうございました。

大腸内視鏡検査、どのくらいの頻度でうけている?

最も多かったのは「1年に1回」の55%で、「半年に1回」(13%)、「2年に1回」(12%)に大きく差を付けました。

また、「3年以上に1回・うけたことがない」に属する人も20%程度いることが明らかに。IBDの症状が落ち着いてくると、病院には「薬をもらいに行くだけ」となってしまう人が多いようですが、「症状は出ていないけど内視鏡で見たら炎症が思ったよりひどい」という可能性もありますし、また、まれに「がん化」の恐れもあります。

「面倒くさい」「痛いからヤダ…」という方もいるかもしれません。しかし、先生が大腸内視鏡検査をすすめるときには、何か理由があるはず。よく相談して、きちんと受けましょう!

(IBDプラス編集部)

Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
無料で会員登録
無料で会員登録