牡蠣の豆乳クラムチャウダー

寒くなると温かいスープが欲しくなります。IBDにもOK食材と言われる牡蠣は、ビタミン類・亜鉛・鉄など、ミネラルやアミノ酸がたっぷり。貧血防止や疲労を抑え、免疫力もアップします。旨みがたっぷり、野菜もごろごろ入ったスープで、冬を乗り切りたいですね。

このレシピの対象疾患・病期:潰瘍性大腸炎・クローン病(寛解期)

牡蠣の豆乳クラムチャウダー

栄養価(1人分)

エネルギー 123kcal
たんぱく質 7.5g
脂質 3.9g
炭水化物 16.8g
食物繊維 1.6g
食塩相当量 1.3g

このレシピの作り方を見るには、新規会員登録(無料)またはログインが必要です。

新規会員登録(無料)

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

料理研究家・栄養士・調理師・フードコーディネーター・食育指導師・国際薬膳食育師

田中可奈子

自宅で料理教室を主宰するかたわら、本や雑誌・新聞・TV・企業HPにレシピを提供。家族がクローン病を患ってからはみんなでおいしいノンオイル料理を研究している。「クローン病・潰瘍性大腸炎の安心ごはん」「クローン病・潰瘍性大腸炎の安心おかず」「ノンオイルだからおいしいお菓子」「クローン病・潰瘍性大腸炎のノンオイルつくりおき」すべて女子栄養大学出版部より。
Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
レシピ特集
レシピ特集をみる