豆乳のエッグノッグ

レシピ2021/11/19

牛乳の代わりに豆乳で作ったエッグノッグです。人肌程度の温かさで少しとろみのついたドリンクで、がんばっている自分の体を優しくいたわりましょう。体調が悪い時に不足しがちなタンパク質の補給にも役立ちます。

このレシピの対象疾患・病期:潰瘍性大腸炎・クローン病(寛解期)

豆乳のエッグノッグ

栄養価(1人分)

エネルギー 191kcal
たんぱく質 9.9g
脂質 14.1g
炭水化物 15.9g
食物繊維 0.6g
食塩相当量 0.2g

材料(1人分)

卵黄 1個分
調整豆乳 ストロー付き紙パック1本分(200ml)
砂糖 小さじ2
シナモンパウダー 少々

作り方

1.耐熱ボウルに卵黄を入れ、砂糖も加え、よく混ぜ合わせる。
ポイント無調整豆乳を使う場合は、砂糖の量をもう少し増やしてください。
耐熱ボウルに卵黄を入れ、砂糖も加え、よく混ぜ合わせる。
2.1に豆乳を少しずつ流し入れ、かき混ぜながら、均一な状態にする。
1に豆乳を少しずつ流し入れ、かき混ぜながら、均一な状態にする。
3.2をラップをせずに、電子レンジ500wで1分30秒加熱し、1度かき混ぜる。もう1度電子レンジ500wで1分30秒加熱し、よくかき混ぜる。
ポイント熱くなり過ぎると卵が固まってしまうので、人肌程度の温かさに仕上げるようにしましょう。小鍋で、弱火で、かき混ぜながら加熱しても上手く作れます。
4.3をカップに注ぎ、シナモンパウダーをふりかける。
3をカップに注ぎ、シナモンパウダーをふりかける。

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

管理栄養士

Izumi Ohba

病院栄養士、調理師養成専門学校教員などを経て、現在は介護福祉施設栄養士。家族がIBD患者。得意分野は嚥下調整食。簡単で、すぐできて、おいしいレシピ作りを心がけています。彩り豊かで楽しいお食事を!!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
レシピ特集
レシピ特集をみる