きなこのミニブレッド

レシピ2021/11/24

バターやマーガリンなどの脂肪を全く使わずに使ったブレッド。卵パンとクッキーの間のような食感です。ちょっと小腹が空いた時に、安心して食べられるお菓子です。

このレシピの対象疾患・病期:潰瘍性大腸炎、クローン病(寛解期)

きなこのミニブレッド

栄養価(1個分)

エネルギー 87kcal
たんぱく質 2.7g
脂質 1.6g
炭水化物 15.6g
食物繊維 0.8g
食塩相当量 0g

材料(1人分)

薄力粉 100g
きなこ 30g
1個
グラニュー糖 70g
豆乳 大さじ1
シナモン 少々

作り方

1.卵をボウルに割り入れてよく溶きほぐしてからグラニュー糖を加え、泡立て器でよくかき混ぜる。
卵をボウルに割り入れてよく溶きほぐしてからグラニュー糖を加え、泡立て器でよくかき混ぜる。
2.1に豆乳大さじ1を加え、ふるった薄力粉、きなこ、シナモンを少々入れて、ヘラでさっくりと混ぜ合わせる。
①に豆乳大さじ1を加え、ふるった薄力粉、きなこ、シナモンを少々入れて、ヘラでさっくりと混ぜ合わせる。
3.2を10等分にし、オーブンシートを敷いた天板に並べる。
ポイント種がベタベタする時は、手に少しだけ水をつけると、まとまりやすくなります。
②を10等分にし、オーブンシートを敷いた天板に並べる。
4.3を平らに押し潰し、余熱で180度に温めておいたオーブンで10分程度焼く。
ポイントオーブンの機種の違いにより、焼成時間は調整してください。
③を平らに押し潰し、余熱で180度に温めておいたオーブンで10分程度焼く。
5.4を器に並べる。
④を器に並べる。

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

管理栄養士

Izumi Ohba

病院栄養士、調理師養成専門学校教員などを経て、現在は介護福祉施設栄養士。家族がIBD患者。得意分野は嚥下調整食。簡単で、すぐできて、おいしいレシピ作りを心がけています。彩り豊かで楽しいお食事を!!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
レシピ特集
レシピ特集をみる