ほっこり・海老ワンタン

レシピ2017/12/15

Twitterでつぶやくいいね!
ぷりっとした海老の海の香りに季節の野菜が彩りを添えます。雲を呑む、と書いてワンタンと読むお料理ですので、煮込みすぎずつるんとした皮の食感をスープと一緒に楽しんでください。豚肉、脂の代わりにはんぺんを使った低脂肪でもうまみのあるメニューです。

このレシピの対象疾患・病期:クローン病・潰瘍性大腸炎(寛解期・軽度再燃期)

ほっこり・海老ワンタン

栄養価(1人分)

エネルギー 120kcal
たんぱく質 10.5g
脂質 2.1g
炭水化物 13.2g
食物繊維 1.1g
食塩相当量 1.3g

材料(4人分)

海老ワンタン

海老(生・殻むき) 120g(8尾)
小さじ2
ひとつまみ
はんぺん 60g
ワンタンの皮 16枚

具・スープ

固形コンソメ 1個
1L
にんじん 30g
ふたつまみ
ウズラ卵の水煮 4個
菜花 60g

作り方

1.海老ワンタンを包む
海老は背ワタを抜き、半分に切る。酒・塩をもみ込み、半分に切っておく。
はんぺんはフードプロセッサ―にかけるか、万能ざるなどで裏ごしにかけ、はんぺんペーストを作っておく。
ワンタンの皮の二辺に水をつけ、はんぺんペーストをちょんとのせて海老を1個おき、三角に折りたたむ。
ポイント海老は最近出回っているアルゼンチン赤海老を使いました。食感も柔らかくお勧めですが、大正海老やパナメイ海老でも作れます。臭いが気になるときは背ワタを抜いた後、片栗粉少量でもみ水洗いしてから酒・塩をもみ込んでください。
11
2.スープを作る
鍋に固形コンソメ・水を入れて、食べやすくスライスしたにんじんを加えて火にかける。にんじんが柔らかくなったら、ウズラ卵の水煮を加え、塩で調味する。
ポイントワンタンからも味がでるので、味付けは『物足りないかな?』と感じるくらいが、食べたときにちょうどよくなります。
2
3.仕上げる
煮立ったスープにワンタンを落とす。閉じた中身がぷくっとふくらみ、海老が赤く透けて見えたら、下茹でした菜花を加えてできあがり。
ポイント火加減はワンタンが泳ぐ程度に弱めてください。煮立てると、中身が出てしまいスープがにごります。菜花のほろ苦さが苦手な方は、お好みの青菜を加えて召し上がってください。
3

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

管理栄養士 病態栄養認定管理栄養士 糖尿病療養指導士

shiroyama365

医療・福祉の管理栄養士から現在は学校勤務。
NPO食事療法サポートセンターにて活動中。
得意分野は慢性期複合病態の栄養・食事支援。
いつものごはんが楽しくありますように♪
Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事