プースカフェ風ゼリー

レシピ2018/2/2

Twitterでつぶやくいいね!
キーワード: クローン病軽度活動期
マシュマロとみかん缶、材料2つでできるデザートです。レンジで溶かして混ぜるだけで3層、ソースをかけて4層目、見た目より簡単に作れます。エネルギー補給のおやつにもどうぞ。   

このレシピの対象疾患・病期:クローン病(軽度活動期まで。狭窄ある方も可)

プースカフェ風ゼリー

栄養価(1人分)

エネルギー 290kcal
たんぱく質 2g
脂質 0.2g
炭水化物 70.3g
食物繊維 0.6g
食塩相当量 0g

材料(2人分)

マシュマロ 100g
みかん缶(4号缶 正味250g) 1缶

作り方

1.みかん缶は実とシロップに分けておきます。耐熱ボウルにマシュマロ、みかん缶シロップ150㏄をいれて、600Wのレンジで2分加熱します。
ポイントラップはかけずにレンジにかけます。マシュマロが膨らんで上部を触ると柔らかさを感じる程度、形が残るくらいで充分です。
みかん缶は実とシロップに分けておきます。耐熱ボウルにマシュマロ、みかん缶シロップ150㏄をいれて、600Wのレンジで2分加熱します。
2.泡立て器で混ぜ、ゴムべらに替えてみかん缶の実100gを加えて氷水にあてながら混ぜ、冷めたらグラス2つに流します。冷蔵庫で冷やし固めます。
ポイントみかんの実は多少ほぐれます。指で触って温度を感じないくらいまで冷ますと、冷蔵庫で15分くらいで固まります。
泡立て器で混ぜ、ゴムべらに替えてみかん缶の実100gを加えて氷水にあてながら混ぜ、冷めたらグラス2つに流します。冷蔵庫で冷やし固めます。
3.残りのみかんの実は10粒位を残してミキサーにかけてソースを作ります。冷やして3層に固まった2の上に残しておいたみかんの実とソースを流しいれて完成です。
ポイントソースは万能ざるで裏ごししても作れます。みかん以外、ブルーベリー缶で作ってもきれいなグラデーションを作れます。種粒の大きいフルーツ(イチゴ・ラズベリーなど)はおすすめしません。フルーツ缶の低カロリータイプはオリゴ糖などが腸で過発酵を起こす可能性があるため、普通タイプを使ってください。
残りのみかんの実は10粒位を残してミキサーにかけてソースを作ります。          冷やして3層に固まった2の上に残しておいたみかんの実とソースを流しいれて完成です。

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

管理栄養士 病態栄養認定管理栄養士 糖尿病療養指導士

ai365

医療・福祉の管理栄養士から現在は学校勤務。 NPO食事療法サポートセンターにて活動中。 得意分野は慢性期複合病態の栄養・食事支援。 いつものごはんが楽しくありますように♪
Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事