アスパラガスと豆乳のスープ

レシピ2018/6/4

Twitterでつぶやくいいね!
少し肌寒い日には温かく、暑い日には冷やしても美味しくいただけます。鶏ささみ缶を加えて、たんぱく質の摂取量をアップしています。

このレシピの対象疾患・病期:潰瘍性大腸炎、クローン病(寛解期)

アスパラガスと豆乳のスープ

栄養価(1人分)

エネルギー 83kcal
たんぱく質 9.8g
脂質 2.3g
炭水化物 6.5g
食物繊維 1.5g
食塩相当量 1.4g

材料(2人分)

グリーンアスパラガス 4本
えのき茸 1/2袋
鶏ささみ缶 1缶
顆粒コンソメ 小さじ1/2
1.5カップ
豆乳 1カップ(200ml)
小さじ2/3
砂糖 ひとつまみ

作り方

1.グリーンアスパラは、根元の固い部分と固い部分の皮の一部を取り除く。 はかま(茎についている三角形の部分)も取り除き、3cm程度にカットする。
グリーンアスパラは、根元の固い部分と固い部分の皮の一部を取り除く。
はかま(茎についている三角形の部分)も取り除き、3cm程度にカットする。
2.えのき茸は、根元の部分を取り除き、ペーパータオル等で汚れをとり、3等分にカットする。
3.鍋に1.5カップの水と顆粒コンソメを入れ、沸騰してきたら、12、鶏ささみ缶を入れる。
ポイント鶏ささみ缶の中の水分もスープに入れると旨味が増すので、全てスープに入れましょう。
鍋に1.5カップの水と顆粒コンソメを入れ、沸騰してきたら、①と②、鶏ささみ缶を入れる。
4.3に火が通ったら、豆乳を加え、ひと煮立ちし、分量の塩と砂糖ひとつまみ加え、味を調える。
③に火が通ったら、豆乳を加え、ひと煮立ちし、分量の塩と砂糖ひとつまみ加え、味を調える。
5.器に盛り付けて完成。
ポイントお好みで、粗びきこしょうや、カイエンペッパーなどを散らすと彩り豊かになります。
器に盛り付けて完成。

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

管理栄養士

Izumi Ohba

病院栄養士、調理師養成専門学校教員などを経て、現在は介護福祉施設栄養士。家族がIBD患者。得意分野は嚥下調整食。簡単で、すぐできて、おいしいレシピ作りを心がけています。彩り豊かで楽しいお食事を!!
Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事