食欲増進!ゆで豚の香味ソース

レシピ2018/6/6

Twitterでつぶやくいいね!
豚肉は一度湯通しをして、脂肪を減らしています。さっぱりした香味ソースと、大葉のさわやかな香りが食欲を増進させてくれる一品です。

このレシピの対象疾患・病期:潰瘍性大腸炎、クローン病(寛解期)

ゆで豚の香味ソース

栄養価(1人分)

エネルギー 190kcal
たんぱく質 21g
脂質 8.9g
炭水化物 4.6g
食物繊維 1.1g
食塩相当量 1.4g

材料(1人分)

豚肉(しゃぶしゃぶ用薄切り肉) 100g
ミニトマト 2個
白ねぎ 3cm程度
大葉 2枚
みょうが 1個
すりごま 小さじ1
生姜 1かけ
だし 大さじ1
小さじ1
しょうゆ 小さじ1.5
砂糖 小さじ1/4

作り方

1.白ねぎを白髪ねぎにし、水にさらす。 大葉とみょうがも千切りにし、水にさらす。 ミニトマトは1/4にカットする。
白ねぎを白髪ねぎにし、水にさらす。
大葉とみょうがも千切りにし、水にさらす。
2.豚肉は熱湯にさっとくぐらせ、氷を入れた冷水にとる。
豚肉は熱湯にさっとくぐらせ、氷を入れた冷水にとる。
3.生姜はすりおろし、だしの中に入れる。その中にすりごま、酢、しょうゆ、砂糖を加え、香味ソースを作る。
ポイント病状が安定している方は、香味ソースにごま油やラー油を加えると、より美味しくいただけます。
4.豚肉を冷水から取り出し、ペーパータオルで水気をとる。
ポイント豚肉の水気をしっかりととると、水っぽくならずに美味しく仕上がります。
豚肉を冷水から取り出し、ペーパータオルで水気をとる。
5.豚肉を器に盛り付け、水気を切った白髪ねぎ、大葉、ミニトマトを散らし、香味ソースをかける。
豚肉を器に盛り付け、水気を切った白髪ねぎ、大葉、ミニトマトを散らし、香味ソースをかける。

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

管理栄養士

Izumi Ohba

病院栄養士、調理師養成専門学校教員などを経て、現在は介護福祉施設栄養士。家族がIBD患者。得意分野は嚥下調整食。簡単で、すぐできて、おいしいレシピ作りを心がけています。彩り豊かで楽しいお食事を!!
Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事