【IBD白書2018】潰瘍性大腸炎・クローン病患者さんの「恋愛と結婚」そして「将来への不安」

白書20182018/9/4

Twitterでつぶやくいいね!

若くして発症する患者さんが多く、病気と長く付き合っていく人も多い炎症性腸疾患(IBD)。恋人や夫婦などパートナーがいる患者さんにとって、病気のことをどう打ち明けるか、理解してもらえるかどうかは、大きな悩みのひとつです。今回は、潰瘍性大腸炎の患者さん145人、クローン病の患者さん86人の計231人の声をまとめた「IBD白書2018」から、「交際相手の病気への理解」「将来への不安」などについて、紹介します。

「IBD白書2018」では、そのほかにも食事や就労、トイレ事情についてなど、さまざまな調査を実施しています。
IBDプラスに会員登録していただいた方に、マイページTOPで「IBD白書2018」のダウンロード版を進呈しています。ぜひ、ご登録ください。
すでに会員の方は、ログインするとマイページTOPでダウンロードができます。

新規会員登録(無料)

Q.恋人または伴侶などのパートナーがいる方にお聞きします。パートナーは病気を理解していますか?

パートナーは病気を理解していますか?

70.4%が「十分に理解してくれており、必要な援助をしてくれる」と回答しました。一方、5.9%が「あまり」「全く」理解していないようだ、と回答しました。
潰瘍性大腸炎では71.7%、クローン病では67.4%が「十分に理解してくれており、必要な援助をしてくれる」と回答しています。

次項では、フリーアンサーに寄せられた潰瘍性大腸炎・クローン病患者さんが抱く「将来への不安」をご紹介します。

Q.恋愛や結婚について、将来の不安を教えてください

この続きを読むには、新規会員登録(無料)またはログインが必要です。

新規会員登録(無料)

Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

閉じる
無料で会員登録
無料で会員登録