【IBD白書2018】潰瘍性大腸炎・クローン病患者さんの「はたらく」「まなぶ」 病気のこと、学校や職場に伝えていますか?

白書20182018/9/6

Twitterでつぶやくいいね!

学校の友人や先生、職場の同僚や上司は、ときには身内以上に長い時間をともにする仲間です。とはいえ、病気のことをどこまで伝えたらいいのか、伝えたとしてもうまく対応してもらえるかどうか、不安に思ったことのある炎症性腸疾患(IBD)患者さんも多いのではないでしょうか。潰瘍性大腸炎の患者さん145人、クローン病の患者さん86人の計231人の声をまとめた「IBD白書2018」から、今回は、学校や職場における病気への理解や困ったり悩んだりしたことを紹介します。

「IBD白書2018」では、そのほかにも食事や就労、トイレ事情についてなど、さまざまな調査を実施しています。
IBDプラスに会員登録していただいた方に、マイページTOPで「IBD白書2018」のダウンロード版を進呈しています。ぜひ、ご登録ください。
すでに会員の方は、ログインするとマイページTOPでダウンロードができます。

新規会員登録(無料)

Q.病気について、学校・職場に伝えていますか?

学校

病気について、学校・職場に伝えていますか?

まずは学校です。「担任・担当教員」に伝えているは全体で76.0%でした。一方、8.0%が「伝えていない」と回答しました。潰瘍性大腸炎では50.0%、クローン病では76.9%が「親しい友人」に伝えていました。

職場

病気について、学校・職場に伝えていますか?

続いて職場です。「人事担当者」に伝えているのは全体で42.9%、「同僚」に伝えているは53.4%でした。一方、14.3%が「伝えていない」と回答しました。潰瘍性大腸炎では、「人事担当者」に伝えているのは37.3%、「同僚」に伝えているのは51.0%でした。クローン病では「人事担当者」に伝えているのは52.5%、「同僚」に伝えているのは57.6%でした。

次項では、学校や職場で理解してほしい、支援してほしいと感じるときはどんなときか、フリーアンサーからご紹介いたします。

Q.学校・職場での理解/支援してほしいと感じるときは?

「学校や職場に対して、理解してほしい・支援してほしいと感じるのはどんなときですか」という設問には、以下の意見が寄せられました。

全般

  • お腹がぐるぐる鳴るので、なるべく距離を保ちたい。出入口付近に居させてもらいたい
  • だらけているように見えるが、姿勢を維持することもきついときがある
  • 子育ての方々の支援と持病を持ちながらも仕事をする人、障害がある人など、いろいろなハンデを抱えながらも仕事をしている人、全ての人に支援できる制度を作ってほしいです。社会がとても、冷たくそれによりストレスが出てきている気がします
  • 基本的に現時点では治らない病気と言うことを理解されていないとき。たまに「早く治さないと」という意味のことを言われるため
  • 昼食時間が短くなったりする。配慮してほしい

職場

  • トイレと残業について、もっと考慮して欲しい。結構ストレス感じます
  • 通院入院治療手術等、休む必要が有る事、身体への負担が少ない業務を与えてほしい事、環境負荷が大きいとその分悪化しやすい事を理解してもらいたい
  • 衣服を汚し、職場に戻ることができず、帰宅する場合があることを理解してほしい
  • お菓子を好意でいただくことが多いのですが、体調が悪い時はほとんど食べることが出来ないので、本当に気にせず食べ物関係は何もいりませんと思う時がある
  • すべてを受け入れて欲しいわけではない。ただ、そういう病気で、そういう症状が出るから仕事中でもトイレに行く回数や体力的に一息つくことが必要だということを理解してほしい
  • もちろん病気も理解して欲しいけど、普通にも接してほしいというジレンマがあるため、なかなか病気である事を伝えづらい。伝えても今まで通りに接してほしい。職場に関しては健康な人と同じことができないこともあるので、選択肢を沢山用意してほしいです
  • 飲み会や食事会の時に食べられないものがあることを理解してほしい
  • 心身の負担が大きく、体調が悪化してきた時に、業務の見直しを柔軟にして欲しいと感じる

学校

  • 学校に行きたくても治療の為入院が必要です。授業に出席出来ないからとても不安です。高校入試には内申点もとても重要ですので病気のために下がるのは悔しいです。志望校は変えずに頑張りたいです
  • お腹が痛いのが持続して保健室に行きたい時に何も言わずに行く許可を出してほしい

Q.同僚や学校の友人は病気について理解がありますか?

同僚や学校の友人は病気について理解がありますか?

続いて、「学校や職場では、病気についてどのくらい理解されていると思いますか?」という質問に、「十分に理解されており、必要な支援を受けている」と回答したのは26.9%でした。一方、「あまり理解されていない」「全く理解されていない」と25.3%が回答。潰瘍性大腸炎では22.8%、クローン病では33.3%が「十分に理解されており、必要な支援を受けている」と回答しました。

「理解されている」と感じたエピソード

  • 病名を告げた後、残業時間のチェックが多くなり、夜勤の配慮を検討して下さった。気遣いの言葉も度々いただけている
  • 傷病手当の事や自宅療養も充分にとっていいと言われた
  • 一緒に食事に行くときには気を使ってくれている
  • シャワートイレの増設を会社に要望したら実現した
  • 職場の飲み会などは、私に気を使って和食料理などにしてくれることが多いです。(または無理して出席しなくていいと言ってもらえる)
  • トイレ休憩を多めにもらえました
  • 途中下車で遅刻を頻繁にするが、事情を知っているので一切咎められない。逆に申し訳なくなる
  • 学校ではトイレに行きやすいドア近くの席にしてもらった。テストは保健室で受験してトイレに行けるようにしてもらった

「理解されていない」と感じたエピソード

  • 飲酒ができないにも関わらず、社長から強要された
  • トイレの回数が多いので「さぼっている」ように思われている
  • 健康診断の精密検査で診断され、かなり状態が悪く残業禁止の診断書を産業医を通じて提出した。しかし、受け入れられず繁忙期は夜10時まで残業させられ、急激に悪化しそのまま退職せざるを得なかった
  • 具合が悪いとは理解してくれているが、体調に波があることなど、健康な人ほどわからないと思う。職場でも業務量などの配慮はなくなっている
  • 現在休職中ですが、当時休職が認められなかった。大きい病院で。しかし当初の治療費がかなり高額だったためそんなお金の余裕もなくセカンドオピニオンを受けちゃんとした診断書を持ってくるまでは認めないとまで追い込まれました。とてもショックをうけました。また産業医にも潰瘍性大腸炎なんて大したことないとあしらわれました
  • 会社員ではないので有給や休業補償がなく、仕事が減るのが怖いため、病気のことは話していない
  • 病気について一般の人は知識が殆どないのでこちらが説明しても全部は理解されないし、伝える方も難しい
  • 授業を欠席しなくてはならないほど体調が悪かったり、検査のため欠席した時に、先生が考慮してくれなかった
  • 変に気を使われ重要な仕事からはずされたり異動を命じられた

Q.就職・転職の「困った」「悩んだ」エピソードは?

就職・転職の際に困ったことや悩んだことについては、以下の意見が寄せられました。

この続きを読むには、新規会員登録(無料)またはログインが必要です。

新規会員登録(無料)

Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)