潰瘍性大腸炎治療剤エンタイビオ(ベドリズマブ)を日本で発売

ニュース2018/11/7

Twitterでつぶやくいいね!

中等症から重症の潰瘍性大腸炎患者さんの新たな治療選択肢として期待

武田薬品工業株式会社は11月7日、潰瘍性大腸炎治療剤「エンタイビオ(R)」(一般名:ベドリズマブ)を、日本国内で発売したことを発表しました。

【薬剤師監修】エンタイビオの解説記事はこちら⇒https://ibd.qlife.jp/uc/meds-uc/story4545.html

同剤は、国内の中等症から重症の活動期の潰瘍性大腸炎患者292名を対象としたCCT-101試験、および中等症から重症の潰瘍性大腸炎患者895名を対象に導入療法および維持療法におけるベドリズマブの有効性と安全性を評価した海外臨床第3相試験(GEMINI I試験)の結果に基づき、2017年8月に厚生労働省に製造販売承認申請を行い、2018年7月2日に厚生労働省より製造販売承認を取得していました。

同社の取締役であるジャパンファーマビジネスユニットプレジデントの岩﨑真人氏は、「エンタイビオはすでに世界60か国以上で承認されており、実臨床における豊富なエビデンスがあります。本剤を新たな治療オプションとして、医療関係者および潰瘍性大腸炎の患者さんにお届けするとともに、引き続き消化器系疾患の患者さんに革新的な医薬品をお届けするという使命を果たしていきます」と述べています。

エンタイビオの概要は以下の通りです。

【製品名】エンタイビオ点滴静注用300mg
【一般名】ベドリズマブ(遺伝子組換え)
【効能・効果】中等症から重症の潰瘍性大腸炎の治療及び維持療法(既存治療で効果不十分な場合に限る)。
【用法・用量】通常、成人にはベドリズマブ(遺伝子組換え)として1回300mgを点滴静注する。初回投与後、2週、6週に投与し、以降8週間隔で点滴静注する。
【薬価】エンタイビオ点滴静注用300mg(27万4,490円)

(IBDプラス編集部)

Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
無料で会員登録
無料で会員登録