スモークサーモンの和風ポテトサラダ

レシピ2021/10/15

キーワード: 寛解期潰瘍性大腸炎
マヨネーズの量を減らすために、ポン酢を使っています。スモークサーモンの塩味やポン酢の酸味で、マヨネーズが少なくても美味しく食べられます。

このレシピの対象疾患・病期:潰瘍性大腸炎(寛解期)

スモークサーモンの和風ポテトサラダ

栄養価(1人分)

エネルギー 108kcal
たんぱく質 5.4g
脂質 4g
炭水化物 12.6g
食物繊維 5.8g
食塩相当量 0.9g

材料(4人分)

じゃがいも 小3個(約250g)
きゅうり 1本(約80g)
スモークサーモン 5切れ(60g)
マヨネーズ 大さじ1
ポン酢 大さじ1
砂糖 小さじ1

作り方

1.材料を準備する。
材料を準備。
2.きゅうりは5mm角のサイの目切にする。じゃがいもは、皮をむいて乱切りにする。スモークサーモンは、一口大にザクザクと切る。
きゅうりは5mm角のサイの目切にする。じゃがいもは、皮をむいて乱切りにする。スモークサーモンは、一口大にザクザクと切る。
3.塩を少々入れたお湯でじゃがいもを茹で、茹で上がったら粉ふきいもを作る。
塩を少々入れたお湯でじゃがいもを茹で、茹で上がったら粉ふきいもを作る。
4.粉ふきいもの粗熱が取れたらボウルに移し、きゅうり、スモークサーモンを入れ、マヨネーズ、ポン酢、隠し味の砂糖も入れ、よく混ぜ合わせる。
ポイントきゅうりは一度、ペーパータオルなどで水分を取り除いておくと、水っぽくない仕上がりになります。
粉ふきいもの粗熱が取れたらボウルに移し、きゅうり、スモークサーモンを入れ、マヨネーズ、ポン酢、隠し味の砂糖も入れ、よく混ぜ合わせる。
5.器に盛り付ける。
器に盛り付ける。

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

管理栄養士

Izumi Ohba

病院栄養士、調理師養成専門学校教員などを経て、現在は介護福祉施設栄養士。家族がIBD患者。得意分野は嚥下調整食。簡単で、すぐできて、おいしいレシピ作りを心がけています。彩り豊かで楽しいお食事を!!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
レシピ特集
レシピ特集をみる