アレンジ自在、焼き春巻き

レシピ2018/2/26

Twitterでつぶやくいいね!
揚げずに焼くことで脂質をカット! パリッ!モチッ!の食感が美味しい春巻きです。 中に包む野菜やお肉は好みのものにアレンジ自在です♪ 多めに作って冷凍保存しておくと、お弁当にも便利です。

このレシピの対象疾患・病期:潰瘍性大腸炎・クローン病(寛解期)

焼き春巻き

栄養価(1人分)

エネルギー 210kcal
たんぱく質 8.4g
脂質 9.3g
炭水化物 22.1g
食物繊維 1.8g
食塩相当量 0.8g

材料(10本分)

春巻の皮 10枚
豚肉薄切り 150g
ピーマン 2個
人参 1/2本
もやし 100g(1/2袋)
春雨 15g
サラダ油 適量
ごま油 小さじ1
★醤油 小さじ1
★オイスターソース 小さじ1
★砂糖 小さじ1
★鶏がらスープの素 大さじ1/2
★片栗粉 大さじ1/2
★水 200ml
★しょうが汁 小さじ1

作り方

1.豚肉は細切り、人参とピーマンは千切り、もやしは洗ってヒゲをとっておく。 春雨は袋の表示に従ってもどしておく。 ★の調味料をすべて混ぜ、合わせ調味料を作っておく。
豚肉は細切り、人参とピーマンは千切り、もやしは洗ってヒゲをとっておく。
春雨は袋の表示に従ってもどしておく。
★の調味料をすべて混ぜ、合わせ調味料を作っておく。
2.フライパンにサラダ油を薄くしき、豚肉を炒め、白っぽくなったら人参、ピーマン、もやしの順に野菜を炒め合わせる。
フライパンにサラダ油を薄くしき、豚肉を炒め、白っぽくなったら人参、ピーマン、もやしの順に野菜を炒め合わせる。
3.野菜がしんなりしたら、戻した春雨と合わせ調味料を加えてさらに炒め、全体がもったりとしたらごま油を加えて香りづけし、火を止めて粗熱を取る。
ポイントゆるい状態で火を止めると、包みにくくなります。しっかりと合わせ調味料を絡ませ、水分を飛ばすことがポイント!
野菜がしんなりしたら、戻した春雨と合わせ調味料を加えてさらに炒め、全体がもったりとしたらごま油を加えて香りづけし、火を止めて粗熱を取る。
4.春巻の皮で具材を包む。 巻き終わりは水で溶いた小麦粉(分量外)でのりづけする。
ポイント多く入れすぎると、焼いているときに漏れ出し、焦げや油ハネの原因にもなります。
春巻の皮で具材を包む。
巻き終わりは水で溶いた小麦粉(分量外)でのりづけする。
5.熱したフライパンに油を薄くしき、春巻きの巻き終わりを下にして焼く。 焼き目がついたら裏返し、両面こんがりと焼けたら完成。
ポイント表面に薄く油を塗り、オーブントースターで焼いても美味しく仕上がります。
熱したフライパンに油を薄くしき、春巻きの巻き終わりを下にして焼く。
焼き目がついたら裏返し、両面こんがりと焼けたら完成。

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

管理栄養士・スポーツ栄養専門士(公認スポーツ栄養士取得予定)

優生

自身もIBD患者である病院栄養士。予防医療の普及や女性や子供の健康のために活動する、Luvtelli東京&New York公認カウンセラーとしても活動。得意分野はスポーツ栄養と予防栄養。
Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事