n-3系脂肪酸が豊富!さんまのトマト煮込み

レシピ2018/10/5

Twitterでつぶやくいいね!
抗炎症作用が期待できるさんまのDHA・EPAとトマトのリコピンの合わせ技!圧力鍋で調理することで、玉ねぎはとろとろ、さんまは骨まで柔らか♪脂質の量も、食べる量を調節すればコントロールできます。

このレシピの対象疾患・病期:潰瘍性大腸炎、クローン病(寛解期)※寛解期でも、脂質制限の厳しいクローン病の方は1回に食べる量を減らしましょう。

n-3系脂肪酸が豊富!さんまのトマト煮込み

栄養価(1人分:2切れ)

エネルギー 238kcal
たんぱく質 13g
脂質 17.2g
炭水化物 5.9g
食物繊維 1.4g
食塩相当量 1.3g

材料(1人分)

さんま 2尾
トマト缶 1/2缶
玉ねぎ 1/2個
小さじ1/2
100ml
にんにく(無くても可) 1かけ

作り方

1.さんまは頭と内臓を取り、3等分に切る。
さんまは頭と内臓を取り、3等分に切る。
2.玉ねぎは粗いみじん切りにする。
玉ねぎは粗いみじん切りにする。
3.圧力鍋にトマト缶、水、塩、2を入れたら、さんまを並べる。
ポイント写真は5尾分です。にんにくを入れる場合はスライスして、ほかの材料と一緒に入れます。
圧力鍋にトマト缶、水、塩、2を入れたら、さんまを並べる。
4.圧力鍋を火にかけ、高圧で20分加圧したら火を止め、圧力が下がるまで待つ。
5.器に盛り付けて完成。
ポイントお好みでパセリやブラックペッパーを散らしても美味しくいただけます。
器に盛り付けて完成。

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

管理栄養士・スポーツ栄養専門士(公認スポーツ栄養士取得予定)

優生

自身もIBD患者である病院栄養士。予防医療の普及や女性や子供の健康のために活動する、Luvtelli東京&New York公認カウンセラーとしても活動。得意分野はスポーツ栄養と予防栄養。
Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
無料で会員登録
無料で会員登録