長芋だんごのほっこり和スープ

レシピ2018/12/10

Twitterでつぶやくいいね!
昆布だしとお醤油の和風スープで冬の野菜を煮込み、長芋だんごを加えたおかずスープ。煮込むとやわらかくなる根菜と、白菜の葉先のみを使い、食物繊維にも配慮しました。

このレシピの対象疾患・病期:潰瘍性大腸炎・クローン病(軽度活動期〜寛解期)

長芋だんごのほっこり和スープ

栄養価(1人分)

エネルギー 71kcal
たんぱく質 2.5g
脂質 0.1g
炭水化物 15.2g
食物繊維 1.9g
食塩相当量 1.5g

材料(2人分)

長芋(太めで粘りの強いもの) 約3cm(60g)
にんじん 50g
大根 50g
白菜 大きめの葉1枚分
昆布だし 400ml
醤油 小さじ2
みりん 小さじ1
ひとつまみ
ねぎ 適量

作り方

1.にんじん、大根は短冊切り、白菜は芯の部分を除き、葉先を食べやすい大きさに切る。長芋は皮をむき、すりおろしておく。
ポイント粘りの少ない長芋を使用する場合は、片栗粉を加えて、固さを調節してください。
にんじん、大根は短冊切り、白菜は芯の部分を除き、葉先を食べやすい大きさに切る。長芋は皮をむき、すりおろしておく。
2.昆布だしを400ml用意する。
昆布だしを400ml用意する。
3.にんじんと大根を鍋に入れてから火にかけ、柔らかくなったら、白菜を入れ、醤油・みりんを加える。
にんじんと大根を鍋に入れてから火にかけ、柔らかくなったら、白菜を入れ、醤油・みりんを加える。
4.すりおろした長芋を、スプーンで形を整えながらスープに加え、かき回さずに3~4分煮る。長芋に火が通ったら、塩で味を調える。
すりおろした長芋を、スプーンで形を整えながらスープに加え、かき回さずに3~4分煮る。長芋に火が通ったら、塩で味を調える。
5.器に盛り付けて、小口切りにしたねぎを散らす。
器に盛り付けて、小口切りにしたねぎを散らす。

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

管理栄養士・スポーツ栄養専門士(公認スポーツ栄養士取得予定)

優生

自身もIBD患者である病院栄養士。予防医療の普及や女性や子供の健康のために活動する、Luvtelli東京&New York公認カウンセラーとしても活動。得意分野はスポーツ栄養と予防栄養。
Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
無料で会員登録
無料で会員登録