炊飯器でつくる!サムゲタン風スープ

レシピ2018/11/21

Twitterでつぶやくいいね!
キーワード: 寛解期潰瘍性大腸炎
お腹の中から温まる薬膳風スープ。炊飯器を使って作るので、材料を入れてスイッチを入れるだけ。超簡単です!

このレシピの対象疾患・病期:潰瘍性大腸炎 (寛解期)

炊飯器でつくる!サムゲタン風スープ

栄養価(1人分)

エネルギー 177kcal
たんぱく質 13.2g
脂質 7.9g
炭水化物 13g
食物繊維 2.6g
食塩相当量 1.5g

材料(2人分)

鶏手羽元 4本
白菜 2枚
大さじ1
鶏がらスープの素 小さじ1
生姜 1かけ
にんにく 1かけ
長ねぎ 1本
2.5カップ(500ml)
葉ねぎ 少々
小さじ1/2
醤油 小さじ1
大さじ1
クコの実(無くても可) 少々

作り方

1.白菜は、ざく切り、生姜は皮を剥き千切り、にんにくはスライスする。米は水洗いしておく。
白菜は、ざく切り、生姜は皮を剥き千切り、にんにくはスライスする。米は水洗いしておく。
2.手羽元をザルに入れ、ザっと熱湯をかけて、アク抜きをする。
手羽元をザルに入れ、ザっと熱湯をかけて、アク抜きをする。
3.炊飯器の中に水2.5カップと鶏がらスープの素、12、調味料を入れ、炊飯モードでスイッチを入れる。
ポイント炊飯器によっては自動で加熱が終わらないものもありますので、30分を過ぎて終了しない場合は、スイッチを切ってください。
炊飯器の中に水2.5カップと鶏がらスープの素、1と2、調味料を入れ、炊飯モードでスイッチを入れる。
4.3を器に盛り付け、彩りに小口切りにした葉ねぎを散らす。
3を器に盛り付け、彩りに小口切りにした葉ねぎを散らす。

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

管理栄養士

Izumi Ohba

病院栄養士、調理師養成専門学校教員などを経て、現在は介護福祉施設栄養士。家族がIBD患者。得意分野は嚥下調整食。簡単で、すぐできて、おいしいレシピ作りを心がけています。彩り豊かで楽しいお食事を!!
Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
無料で会員登録
無料で会員登録