アレンジ自在!餃子の皮でかぼちゃパイ風

レシピ2018/10/10

Twitterでつぶやくいいね!
餃子の皮を使った低脂肪なパイ風おやつ。中に入れるものをちょっと工夫すると、お楽しみが増えるかも♪お子様と一緒に作れる簡単レシピです。

このレシピの対象疾患・病期:潰瘍性大腸炎、クローン病 (軽度活動期~寛解期)

餃子の皮でかぼちゃパイ風

栄養価(1個分)

エネルギー 57kcal
たんぱく質 1.7g
脂質 0.5g
炭水化物 11.1g
食物繊維 0.9g
食塩相当量 0g

材料(6個分)

かぼちゃ 100g
てんさい糖 小さじ1
豆乳 大さじ3
バニラエッセンス 2~3滴
餃子の皮 12枚
※マシュマロ
※カッテージチーズ
※りんごジャム

作り方

1.かぼちゃは皮を取り除き、3cm角に切る。耐熱皿に入れ、ラップをして600wのレンジで3分加熱する。
かぼちゃは皮を取り除き、3cm角に切る。耐熱皿に入れ、ラップをして600wのレンジで3分加熱する。
2.1をフォークの背やマッシャーで潰し、てんさい糖と豆乳を加えて滑らかになるように混ぜる。滑らかになったら、バニラエッセンスを加える。
ポイント豆乳の量は好みで調節してください。ホクホクな食感がお好みの場合は分量通り、滑らかでトロっとした食感にしたい場合は分量を増やします。かぼちゃの甘みが足りない場合は、砂糖の量を増やしてください。
1をフォークの背やマッシャーで潰し、てんさい糖と豆乳を加えて滑らかになるように混ぜる。滑らかになったら、バニラエッセンスを加える。
3.餃子の皮の中央に2をのせる。
ポイントこのとき、カッテージチーズやマシュマロ、ジャムを一緒に挟むアレンジもおすすめです。
餃子の皮の中央に2をのせる。
4.餃子の皮の周りを水で濡らし、上からもう1枚餃子の皮をかぶせて、周りをフォークの先で押し付けるようにし、模様をつける。
餃子の皮の周りを水で濡らし、上からもう1枚餃子の皮をかぶせて、周りをフォークの先で押し付けるようにし、模様をつける。
5.200度に予熱したオーブンで13分焼く。
200度に予熱したオーブンで13分焼く。

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

管理栄養士・スポーツ栄養専門士(公認スポーツ栄養士取得予定)

優生

自身もIBD患者である病院栄養士。予防医療の普及や女性や子供の健康のために活動する、Luvtelli東京&New York公認カウンセラーとしても活動。得意分野はスポーツ栄養と予防栄養。
Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
無料で会員登録
無料で会員登録