しらすと大葉のスープパスタ

レシピ2019/4/12

Twitterでつぶやくいいね!
オイル控えめでも美味しくパスタを楽しむには、スープパスタがおすすめ!消化の負担を減らすために、少し柔らかめに茹でた麺でも美味しくいただけます。遅めの夕食にもピッタリです。

このレシピの対象疾患・病期:潰瘍性大腸炎・クローン病(寛解期)

しらすと大葉のスープパスタ

栄養価(1人分)

エネルギー 379kcal
たんぱく質 16.7g
脂質 3.9g
炭水化物 65.8g
食物繊維 2.4g
食塩相当量 4.3g

材料(1人分)

パスタ 80g
オリーブオイル 小さじ1/2杯
大葉 3枚
しらす 20g
★めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ2
★昆布茶 1g(1/2杯分)
★水 150ml
かつお節 小袋1/2

作り方

1.大葉はごく細い千切りにする。
大葉はごく細い千切りにする。
2.たっぷりのお湯を沸かし、塩(分量外)を加えて、麺を茹でる。麺を茹でている間に、フライパンに★を入れ、ひと煮立ちさせておく。
ポイント袋の表示よりも1分程度長めに茹でると、アルデンテの状態より消化しやすくなります。
3.茹で上がったパスタをザルに上げ、オリーブオイルを絡める。
茹で上がったパスタをザルに上げ、オリーブオイルを絡める。
4.スープを煮立たせたフライパンにパスタとしらすの半量を入れ、混ぜ合わせる。
スープを煮立たせたフライパンにパスタとしらすの半量を入れ、混ぜ合わせる。
5.4を器に盛り、千切りにした大葉、残りのしらす、かつお節をのせる。
4を器に盛り、千切りにした大葉、残りのしらす、かつお節をのせる。

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

管理栄養士・スポーツ栄養専門士(公認スポーツ栄養士取得予定)

優生

自身もIBD患者である病院栄養士。予防医療の普及や女性や子供の健康のために活動する、Luvtelli東京&New York公認カウンセラーとしても活動。得意分野はスポーツ栄養と予防栄養。
Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
レシピ特集
レシピ特集をみる