大豆ミートタコライス

レシピ2019/5/24

Twitterでつぶやくいいね!
低脂肪・高タンパクな「大豆ミート」を使ったタコライス。どんぶり1皿で、何と脂質1.4g!!大豆ミート独特の匂いも気になりにくいレシピです。タコミートは冷凍保存もOK!多めに作っておけば、お弁当や、サッと済ませたいランチにも活用できますよ。

このレシピの対象疾患・病期:潰瘍性大腸炎・クローン病(寛解期)

大豆ミートタコライス

栄養価(1人分)

エネルギー 389kcal
たんぱく質 16.4g
脂質 1.4g
炭水化物 77g
食物繊維 5.3g
食塩相当量 2.5g

材料(4人分)

大豆ミート粗挽きミンチタイプ(乾燥) 80g
たまねぎ 1/2個
トマト 1個
サニーレタス 2枚
★トマトケチャップ 大さじ4
★中濃ソース 大さじ2
★醤油 大さじ2
★カレー粉 小さじ1
★砂糖 小さじ1
ごはん 1人あたり茶碗1杯
サラダ用細切りチーズ 適量

作り方

1.玉ねぎをみじん切りにする。
玉ねぎをみじん切りにする。
2.沸騰したお湯で大豆ミートと生姜2切れ(分量外)を一緒に4分茹で、水洗いして、よく絞る。
ポイント大豆ミートの匂いが気になる場合は、「水洗い→絞る」を、2〜3回繰り返してください。
沸騰したお湯で大豆ミートと生姜2切れ(分量外)を一緒に4分茹で、水洗いして、よく絞る。
3.フライパンによく水気を絞った2と1、★をすべて入れ、中火で10分炒める。
ポイント玉ねぎがしんなりして、水分が少なくなるまで炒めます。
フライパンによく水気を絞った2と1、★をすべて入れ、中火で10分炒める。
4.トマトは角切り、レタスは1cm程度の細切りにする。
トマトは角切り、レタスは1cm程度の細切りにする。
5.器に、ご飯、レタス、大豆タコミート、トマト、チーズの順に盛り付ける。
器に、ご飯、レタス、大豆タコミート、トマト、チーズの順に盛り付ける。

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

管理栄養士・スポーツ栄養専門士(公認スポーツ栄養士取得予定)

優生

自身もIBD患者である病院栄養士。予防医療の普及や女性や子供の健康のために活動する、Luvtelli東京&New York公認カウンセラーとしても活動。得意分野はスポーツ栄養と予防栄養。
Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
レシピ特集
レシピ特集をみる