冷やし中華風ビーフンサラダ

レシピ2019/8/13

Twitterでつぶやくいいね!
「かんすい」が気になる中華麺のかわりにビーフンを使い、サラダ風に仕上げました。タレも家にある調味料で簡単に。カラフルな彩りが、食卓をパッと明るくしてくれます♪

このレシピの対象疾患・病期:潰瘍性大腸炎・クローン病(寛解期)

冷やし中華風ビーフンサラダ

栄養価(1人分)

エネルギー 95kcal
たんぱく質 3.8g
脂質 2.7g
炭水化物 13.4g
食物繊維 0.5g
食塩相当量 0.7g

材料(4人分)

ビーフン(乾燥) 50g
トマト 1/2個
きゅうり 1/2本
かに風味かまぼこ 3本
1個
★ポン酢 大さじ1
★鶏ガラスープのもと 小さじ1
★砂糖 小さじ1
ごま油 小さじ1

作り方

1.具材の下準備をしておく。
卵…錦糸卵を作る
かにかまぼこ…裂いておく
きゅうり…千切り
トマト…食べやすい大きさに切る
ポイントクッキングシートやくっつかないホイルシートを使えば、油なしできれいな錦糸卵が作れます。
具材の下準備をしておく。卵…錦糸卵を作る、かにかまぼこ…裂いておく、きゅうり…千切り、トマト…食べやすい大きさに切る
2.ビーフンは沸騰したお湯で6分茹で、冷水で洗ってザルに上げ、ごま油を全体に絡めておく。
ビーフンは沸騰したお湯で6分茹で、冷水で洗ってザルに上げ、ごま油を全体に絡めておく。
3.ボウルに★の調味料を入れて混ぜ、2と下準備した具材を和える。
ボウルに★の調味料を入れて混ぜ、2と下準備した具材を和える。
4.器に盛り付けて完成。
ポイントお好みでゴマや刻み海苔をトッピングしても美味しくいただけます。
器に盛り付けて完成。

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

管理栄養士・スポーツ栄養専門士(公認スポーツ栄養士取得予定)

優生

自身もIBD患者である病院栄養士。予防医療の普及や女性や子供の健康のために活動する、Luvtelli東京&New York公認カウンセラーとしても活動。得意分野はスポーツ栄養と予防栄養。
Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
レシピ特集
レシピ特集をみる