アスパラとチキン豆乳パスタ

レシピ2020/3/27

Twitterでつぶやくいいね!
旬のアスパラを使ったスープパスタ。炭水化物に偏りがちなパスタですが、チキンを使ってたんぱく質もしっかり!脂質は抑えつつ、味噌のコクで満足感のある味わいです。鶏もも肉を、胸肉やささみにアレンジすれば、さらに脂質を抑えることができます。

このレシピの対象疾患・病期:潰瘍性大腸炎・クローン病(寛解期)

アスパラとチキンの豆乳スープパスタ

栄養価(1人分)

エネルギー 573kcal
たんぱく質 36g
脂質 9.8g
炭水化物 79.7g
食物繊維 6.7g
食塩相当量 1.8g

材料(1人分)

パスタ 100g
アスパラガス 2本
鶏もも肉 100g
ひとつまみ
昆布だし 200ml
豆乳 50ml
味噌 小さじ1
オリーブオイル 小さじ1/2
ブラックペッパー 適量(無くても可)

作り方

1.アスパラガスは根元側をピーラーでむき、斜めにスライスする。鶏肉は皮と脂肪を取り除いて食べやすい大きさに切り、塩をひとつまみ振りかける。パスタは袋の表示より30秒短めに茹でる。
アスパラガスは根元側をピーラーでむき、斜めにスライスする。鶏肉は皮と脂肪を取り除いて食べやすい大きさに切り、塩をひとつまみ振りかける。パスタは袋の表示より30秒短めに茹でる。
2.フライパンに薄くオリーブオイルを引き、鶏肉を焼く。両面に焼き目がついたら昆布だしを加えて鶏肉に火が通るまで加熱する。
フライパンに薄くオリーブオイルを引き、鶏肉を焼く。両面に焼き目がついたら昆布だしを加えて鶏肉に火が通るまで加熱する。
3.鶏肉に火が通ったら、ごく弱火にし、豆乳を加えて味噌を溶き入れる。
ポイント豆乳と味噌を入れてからグツグツ煮込むと、豆乳の成分が分離しやすくなるので要注意。
鶏肉に火が通ったら、ごく弱火にし、豆乳を加えて味噌を溶き入れる。
4.パスタが茹で上がる1分前にアスパラを加え、茹で上がったらパスタとともにザルにあげて湯切りし、3に加える。
パスタが茹で上がる1分前にアスパラを加え、茹で上がったらパスタとともにザルにあげて湯切りし、3に加える。
5.パスタとスープをよく絡め、器に盛り付けて完成。お好みでブラックペッパーを振りかける。
パスタとスープをよく絡め、器に盛り付けて完成。お好みでブラックペッパーを振りかける。

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

管理栄養士・スポーツ栄養専門士(公認スポーツ栄養士取得予定)

優生

自身もIBD患者である病院栄養士。予防医療の普及や女性や子供の健康のために活動する、Luvtelli東京&New York公認カウンセラーとしても活動。得意分野はスポーツ栄養と予防栄養。
Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
レシピ特集
レシピ特集をみる