まろやか卵のエビチリ

レシピ2020/4/10

Twitterでつぶやくいいね!
唐辛子などは一切使用せず、子どもでもおいしく食べられる、まろやか味のエビチリです。油も使わないので脂質の心配もナシ!お弁当のおかずにもおすすめです。

このレシピの対象疾患・病期:潰瘍性大腸炎・クローン病(寛解期)

辛くない!まろやか卵のエビチリ

栄養価(1人分)

エネルギー 195kcal
たんぱく質 19.2g
脂質 3.6g
炭水化物 16.7g
食物繊維 0.8g
食塩相当量 1.9g

材料(2人分)

エビ 150g
大さじ1
ひとつまみ
ねぎ 1/2本
1個
★ケチャップ 大さじ3
★酢 大さじ1
★酒 大さじ1
★みりん 大さじ1
★鶏ガラスープの素 大さじ1
★水 100ml
片栗粉 大さじ1

作り方

1.★を全て混ぜ合わせておく。
ポイント体調に問題がなければ、お好みで生姜やニンニクのすりおろしを加えると風味がアップします。
★を全て混ぜ合わせておく。
2.エビに塩と酒を揉み込み、下味をつける。
エビに塩と酒を揉み込み、下味をつける。
3.ねぎはみじん切りにする。
ねぎはみじん切りにする。
4.テフロン加工のフライパンを熱してエビが全体的に白っぽくなるまで加熱する。
テフロン加工のフライパンを熱してエビが全体的に白っぽくなるまで加熱する。
5.ねぎと5が沸騰したら溶き卵をまわし入れ、20秒待ってから、大きく切るように全体を混ぜる。
ねぎと1の合わせ調味料を加えて5分煮て、水溶き片栗粉を加えとろみをつける。
6.ねぎと1の合わせ調味料を加えて5分煮て、水溶き片栗粉を加えとろみをつける。
ねぎと1の合わせ調味料を加えて5分煮て、水溶き片栗粉を加えとろみをつける。
7.6を器に盛り付け、お好みでスプラウトや小ねぎを散らして完成。
ねぎと1の合わせ調味料を加えて5分煮て、水溶き片栗粉を加えとろみをつける。

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

優生

自身もIBD患者である管理栄養士。予防医療の普及や女性や子供の健康のために活動する、Luvtelli東京&New York公認カウンセラーとしても活動。得意分野はスポーツ栄養と予防栄養。
Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
レシピ特集
レシピ特集をみる