かぼちゃのほうとう

山梨でよく食べられるほうとうは、うどんと似ていますが、違いは塩を使わずに練って作るのが特徴です。そのため煮込むとトロリと柔らかく、汁もトロリとして、お年寄りから子供まで食べやすい、お腹に優しい食べ物と言えます。かぼちゃを入れて優しい甘みのほうとうは寒くなってくる時期にぴったりです。

このレシピの対象疾患・病期:クローン病・潰瘍性大腸炎(寛解期・軽度活動期)

かぼちゃのほうとう

栄養価(1人分)

エネルギー 538kcal
たんぱく質 26.1g
脂質 5.1g
炭水化物 90.6g
食物繊維 7.4g
食塩相当量 2.2g

材料(1人分)

ほうとう(乾) 100g
ねぎ 10g
かぼちゃ 50g
にんじん 15g
大根 40g
油揚げ 1/3枚
鶏ささみ 1/2本
だし汁 400ml
味噌 大さじ1
小さじ1

このレシピの作り方を見るには、新規会員登録(無料)またはログインが必要です。

新規会員登録(無料)

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

料理研究家・栄養士・調理師・フードコーディネーター・食育指導師・国際薬膳食育師

田中可奈子

自宅で料理教室を主宰するかたわら、本や雑誌・新聞・TV・企業HPにレシピを提供。家族がクローン病を患ってからはみんなでおいしいノンオイル料理を研究している。「クローン病・潰瘍性大腸炎の安心ごはん」「クローン病・潰瘍性大腸炎の安心おかず」「ノンオイルだからおいしいお菓子」「クローン病・潰瘍性大腸炎のノンオイルつくりおき」すべて女子栄養大学出版部より。

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
レシピ特集
レシピ特集をみる