季節のおやつ・バナナクランブル

レシピ2017/11/27

Twitterでつぶやくいいね!
バナナ1本で作れるおやつです。バターを水切りヨーグルトに替えた低脂肪のイギリス式スイーツです。バナナは加熱するとクリーミーで後味さわやか、香ばしいクランブルが後をひきます。小麦アレルギーや乳糖不耐症の方でも楽しめるおやつです。

ポイント:①低脂肪おやつ ②おいしくミネラル補給 ③温冷どちらもおいしく

このレシピの対象疾患・病期:クローン病・潰瘍性大腸炎(寛解期)

季節のおやつ・バナナクランブル

栄養価(1人分)

エネルギー 141kcal
たんぱく質 2.7g
脂質 5.5g
炭水化物 21.7g
食物繊維 0.9g
食塩相当量 0.1g

材料(3人分)

クランブル

米粉 20g
くるみ 20g
グラニュー糖 20g
プレーンヨーグルト 80g

フィリング

バナナ 1本(正味100g)
シナモンシュガー (お好みで)
メープルシロップ (お好みで)

作り方

1.水切りヨーグルトを作る。
①茶漉しなどにキッチンペーパーを敷き、プレーンヨーグルトをのせる。
②ラップをかけて冷蔵庫で水切りする。(1晩~1日置くとよい)水分がでてヨーグルトの重量が1/4くらいになるとできあがり。
⇒糖質(乳糖)は1/4くらいに減りますが、たんぱく質・脂肪はほとんど減りません。それでもバターを使った一般的なレシピより低脂肪ですので、安心して楽しめます。
水切りヨーグルトを作る。
①茶漉しなどにキッチンペーパーを敷き、プレーンヨーグルトをのせる。
②ラップをかけて冷蔵庫で水切りする。(1晩~1日置くとよい)水分がでてヨーグルトの重量が1/4くらいになるとできあがり。
⇒糖質(乳糖)は1/4くらいに減りますが、たんぱく質・脂肪はほとんど減りません。それでもバターを使った一般的なレシピより低脂肪ですので、安心して楽しめます。
2.クランブル生地を作る
①フードプロセッサーかミキサーでクルミを細かく砕く(かけすぎるとペーストになるので注意)
②ボウルにあけ、米粉・グラニュー糖と混ぜてから水切りヨーグルトを加え、へらで切るように混ぜる。ぽろぽろの状態になったらできあがり。多少粉気が残っていてもよい。
クランブル生地を作る
①フードプロセッサーかミキサーでクルミを細かく砕く(かけすぎるとペーストになるので注意)
②ボウルにあけ、米粉・グラニュー糖と混ぜてから水切りヨーグルトを加え、へらで切るように混ぜる。ぽろぽろの状態になったらできあがり。多少粉気が残っていてもよい。
3.焼き上げる
①耐熱容器にスライスしたバナナを並べ(厚みはお好みで)、クランブルを振りかける。220℃で10分、180℃で10分焼く。
お好みで食べる直前に、シナモンシュガーやメープルシロップをかけても美味しい!
焼き立てはさくさく、冷めるとクランブルがバナナとなじんでしっとりします。バナナ以外の酸味のある果物と合わせるときは、カットした果物にグラニュー糖を大さじ1~2杯まぶしてからお試しください。
焼き上げる
①耐熱容器にスライスしたバナナを並べ(厚みはお好みで)、クランブルを振りかける。220℃で10分、180℃で10分焼く。
お好みで食べる直前に、シナモンシュガーやメープルシロップをかけても美味しい!

焼き立てはさくさく、冷めるとクランブルがバナナとなじんでしっとりします。バナナ以外の酸味のある果物と合わせるときは、カットした果物にグラニュー糖を大さじ1~2杯まぶしてからお試しください。焼き上げる
①耐熱容器にスライスしたバナナを並べ(厚みはお好みで)、クランブルを振りかける。220℃で10分、180℃で10分焼く。
お好みで食べる直前に、シナモンシュガーやメープルシロップをかけても美味しい!

焼き立てはさくさく、冷めるとクランブルがバナナとなじんでしっとりします。バナナ以外の酸味のある果物と合わせるときは、カットした果物にグラニュー糖を大さじ1~2杯まぶしてからお試しください。

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

管理栄養士 病態栄養認定管理栄養士 糖尿病療養指導士

shiroyama365

医療・福祉の管理栄養士から現在は学校勤務。
NPO食事療法サポートセンターにて活動中。
得意分野は慢性期複合病態の栄養・食事支援。
いつものごはんが楽しくありますように♪
Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事