たらのブイヤベース風スープ

レシピ2017/11/29

Twitterでつぶやくいいね!
ほっと身体が温まる、たらを使ったブイヤベース風スープです。じゃがいもでエネルギーアップをしています。トマトには、お腹にやさしい水溶性食物繊維が豊富です。

このレシピの対象疾患・病期:クローン病・潰瘍性大腸炎(軽度活動期~寛解期)

たらのブイヤベース風スープ

栄養価(1人分)

エネルギー 144kcal
たんぱく質 17.7g
脂質 0.4g
炭水化物 17.4g
食物繊維 1.7g
食塩相当量 1.4g

材料(2人分)

たら 2切れ
じゃがいも 中1個
トマト 中1個
にんにく 1かけ
コンソメ 1個
サフラン 少々
2.5カップ
白ワイン 大さじ1
ローリエ 1枚
塩・胡椒 少々

作り方

1.じゃがいもの皮をむき、乱切りにする。にんにくはスライスにする。
じゃがいもの皮をむき、乱切りにする。にんにくはスライスにする。
2.トマトは、湯むきし皮を取り除く。湯むきしたトマトを、8カットにし、種を取り除いておく
ポイント種をきれいに取り除いておくと、澄んだスープができあがります。トマトの湯むきが面倒なときは、トマトホール缶でも作れます。
トマトは、湯むきし皮を取り除く。湯むきしたトマトを、8カットにし、種を取り除いておく
3.鍋に水2.5カップとコンソメ1個、サフラン、ローリエ、白ワインを入れて、ブイヤベースの出しを作る。
鍋に水2.5カップとコンソメ1個、サフラン、ローリエ、白ワインを入れて、ブイヤベースの出しを作る。
4.21のにんにくとじゃがいもを入れて、軟らかくなるまで煮る。
2に1のにんにくとじゃがいもを入れて、軟らかくなるまで煮る。
5.じゃがいもが軟らかくなったら、一口大にカットしたたらと2のトマトを加え、煮込む。塩・胡椒で味を調えてできあがり。
ポイントたらを入れるとアクが出てくるので、アクはこまめに取り除きましょう。
じゃがいもが軟らかくなったら、一口大にカットしたたらと2のトマトを加え、煮込む。塩・胡椒で味を調えてできあがり。

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

管理栄養士

Izumi Ohba

病院栄養士、調理師養成専門学校教員などを経て、現在は介護福祉施設栄養士。家族がIBD患者。得意分野は嚥下調整食。簡単で、すぐできて、おいしいレシピ作りを心がけています。彩り豊かで楽しいお食事を!!
Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事