混ぜ込みチキンライス

レシピ2017/12/8

Twitterでつぶやくいいね!
油でいためず、混ぜ込んで作るチキンライスです。鶏肉も脂肪の少ない胸肉のひき肉を使い、いつものチキンライスより脂肪をグンと減らしています。

このレシピの対象疾患・病期:クローン病・潰瘍性大腸炎(軽度活動期~寛解期)

混ぜ込みチキンライス

栄養価(1人分)

エネルギー 445kcal
たんぱく質 13.9g
脂質 1.5g
炭水化物 90.1g
食物繊維 2.8g
食塩相当量 2.1g

材料(1人分)

ごはん 茶碗大盛り1杯(200g)
玉ねぎ 中1/4個(50g)
鶏胸ひき肉 大さじ1杯(30g)
ケチャップ 大さじ2杯
粉末コンソメ 小さじ1/3
ひとつまみ
胡椒 少々
冷凍グリンピース 大さじ1

作り方

1.玉ねぎはみじん切りにする。
1
2.テフロン加工のフライパンで玉ねぎのみじん切りを炒め、ある程度火が通ったら、鶏胸ひき肉を入れ、完全に火を通す。
その中に、分量のケチャップを入れ、少し煮詰める。
2
3.温かいごはんに、塩ひとつまみと胡椒をひとふりし、粉末コンソメに入れて、かき混ぜる。さらに、その上に2で作った具材を混ぜ合わせる。
ポイントごはんは、必ず温かいものを使います。冷えている時には、電子レンジで加熱してから使いましょう。
ごはんに具材を混ぜ合わせる時には、切るように混ぜるとごはんから粘りがでずさっくりと仕上がります。
3
4.彩りに使うグリンピースをさっと湯どおしする。
4
5.器に盛り付け、仕上げにグリンピースを散らす。
5

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

管理栄養士

Izumi Ohba

病院栄養士、調理師養成専門学校教員などを経て、現在は介護福祉施設栄養士。家族がIBD患者。得意分野は嚥下調整食。簡単で、すぐできて、おいしいレシピ作りを心がけています。彩り豊かで楽しいお食事を!!
Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事