豆腐の湯葉あんかけ

レシピ2017/12/27

Twitterでつぶやくいいね!
おなかの調子や体調がすぐれないときにうれしい、ほっこり温まる豆腐料理。低脂質・低残渣でおなかにもやさしい一皿です。

このレシピの対象疾患・病期:潰瘍性大腸炎・クローン病(寛解期・再燃期)

豆腐の湯葉あんかけ

栄養価(1人分)

エネルギー 145kcal
たんぱく質 9.8g
脂質 5.3g
炭水化物 12.7g
食物繊維 0.7g
食塩相当量 1.4g

材料(2人分)

絹ごし豆腐 1丁(300g)
乾燥湯葉 1枚
a…だし汁 200ml
a…醤油 大さじ1
a…みりん 大さじ1
b…片栗粉 大さじ1
b…水 大さじ2
刻み葱 適量
おろし生姜 適量

作り方

1.豆腐は水洗いし、食べやすい大きさに切る。耐熱容器に入れ、ラップをかけて、レンジ(500W)で3~4分温める。乾燥湯葉は水で戻し、6~8等分にカットする。
1
2.鍋にaを入れて沸かし、湯葉を加える。bの水溶き片栗粉でとろみをつける。
2
3.器に入れた豆腐に、2の湯葉あんをかけ、葱をちらす。
ポイントお好みでおろし生姜を添えてください。柚子の皮を入れると、さらに風味がよくなります。
3

栄養士のプロフィール

栄養士のプロフィール

フリーランス管理栄養士・在宅訪問管理栄養士

MIKI

福祉施設にて勤務後、2014年にフリーランスの管理栄養士となる。中学生のときにUCを発症し、大腸を全摘。大腸のないハンデと向き合いながら、現在はミドル・シニア層を中心に、『食を通して、笑顔でその人らしい生活を送ることができる』をキーワードに、クリニックでの栄養相談、各地域での介護予防、講師、講演、レシピ考案など、多方面で活動中。また、UC女子会Ambitious Waveのメンバーとして、関西を中心にランチ会などを開催する。
Twitterでつぶやくいいね!

会員限定の情報が手に入る、IBDプラスの会員になりませんか?

IBDプラス会員になるとこんな特典があります!

会員登録

  • 1. 最新のニュースやお得な情報が届く
  • 2. 会員限定記事が読める
  • 3. アンケート結果ダウンロード版がもらえる

新規会員登録(無料)

関連する記事

閉じる
無料で会員登録
無料で会員登録